ぎっくり腰でお悩みの方へ

ぎっくり腰の女性写真このような症状でお困りではないですか?

  • 朝、起き上がろうとしたら腰に激痛が走り起き上がれなくなってしまった
  • 仕事中に重いものを持ち上げたら腰に痛みが走り仕事ができなくなってしまった
  • 椅子から立ち上がろうとしたら腰に痛みが出て、座ったり立ったりすることができなくなった
  • 靴下やズボンを履こうとしたら急に腰が痛み、そのまま起き上がれなくなってしまった
  • 顔を洗いカラダを起こしたら痛みが走り、歩くのもつらい
  • 毎年、同じ時期になるとぎっくり腰になってしまう

当院の施術はこのようなぎっくり腰の症状でお悩みの方が改善されています。

ぎっくり腰の原因とは・・・?

ぎっくり腰とは何かをしようとした拍子に起こる突然の腰痛で正式には「急性腰痛」「腰椎椎間捻挫」と言います。

主な症状は激しい腰の痛みで、立ち上がったり歩くことが困難になることもあります。

痛みを引き起こす原因は腰の筋肉の炎症や筋肉が必要以上に固くなってしまったことですが、ぎっくり腰になる人には次のパターンが見られます。

1.重いものを持ち上げたり急激に動いたことにより起こるぎっくり腰

ぎっくり腰で一番多いものは重いものを無理な態勢で持ち上げようとしたり、急激な動きに腰の筋肉が耐え切れなくなってしまって起こるものです。

原因として腰の筋肉に負荷がかかり過ぎて腰の筋肉が炎症を起こしたり、腰椎の関節を守るために筋肉が固くなってしまったことで激しい痛みを起こします。

力仕事やスポーツをしている際に起こることが多く、いわゆる腰の捻挫とも言えます。

2.腰の筋肉の疲労や慢性腰痛から起こるぎっくり腰

主婦や一般のお仕事をしている方で突然起こるぎっくり腰の原因の多くは腰の筋肉の疲労が蓄積しすぎて許容量を超えたことで起こります。

蓄積された疲労がカラダを屈めて起こした時や、ちょっとよろけて踏ん張った時などに一気に吹き出してぎっくり腰を引き起こします。

このような方は以前から慢性的に腰に重だるさを感じていたり、ぎっくり腰になる前に腰に違和感があったりすることが多く、普段なら何でもない動作で起こるのが特徴です。

当院はぎっくり腰を次のように施術をしています

腰施術写真

ぎっくり腰の原因の多くは炎症と筋性防御反応によるものです。

筋性防御反応とは腰の骨や関節を守ろうとして腰周囲の筋肉が固くなってしまう反応のことをいいます。

この必要以上の筋肉の緊張が激しい痛みを起こしていることが多いため、腰周りの筋肉の緊張を解くことで痛みが緩和していきます。

また、ぎっくり腰の痛みは2~3日で取れるものの腰椎の関節や周囲の筋肉にはまだダメージが残っている状態です。そのため痛みが和らいできたからと言って少し無理をすると再発する可能性が高いです。

ぎっくり腰は慢性的な腰痛や腰の疲れが根本的な原因であるため、その場の治療だけでなく普段から腰の疲労を取りのぞくことが望ましいです。

当院ではぎっくり腰の痛みを緩和するだけでなく、再発防止やぎっくり腰になりずらいカラダ作りをしていきます。

当院でぎっくり腰が改善された患者さまの声

「家事の途中で突然、腰が痛くなり動けなくなり近くの整骨院で電気をかけてもらいましたが全然良くならずに困り果てて診てもらうことにしました。針はやったことがなかったのですが、まったく痛くなかったです。来たときは痛くて椅子から立ち上がるのも大変でしたが、治療後は立ち上がる際の痛みが軽くなっていました。私はかなりの痛がりなのですが、治療中に「この態勢で痛くないですか?」「痛かった無理をせずにすぐに言ってくださいね。」と先生が常に気にして声をかけてくれたのが嬉しかったです。」

(秦野市 40代 女性)

「仕事中にぎっくり腰になってしまい整形外科に行きましたが、どうにもならずに困って調べていたら、はりが効くということでした。帰る際にはまだ痛みが残っていましたが、動けるようにはなりました。一晩過ごすと翌日には前日、コルセットを巻いていたのが嘘のように痛みが消えていました。その後は腰の調子が悪くなりぎっくり腰になりそうだなと思った時に診てもらっています。時間をかけて丁寧に診てくれるのでおすすめです。」

(平塚市 30代 男性)

当院でぎっくり腰の鍼灸施術を受けようかお悩みの方へ

院長写真

ぎっくり腰は突然、激しい痛みが起こるためか欧米では魔女の一撃と言われています。

大抵の場合は1週間ほど安静にして過ごしていれば痛みは治まりますが、激しい痛みと動作制限を起こすため1週間も我慢できないというのが本音です。

日本では「腰」は月(にくづき)に要(かなめ)と書くように人体の中でも重要な部分と言え、腰を痛めてしまうことは致命的とも考えられています。

特にぎっくり腰により家事や仕事などができなくなってしまい、生活に大きな支障をきたすことが一番の問題と言えます。

そのため1日でも早く「この腰の痛みをなんとかしたい」と思い、整形外科や整骨院に助けを求めるも症状が変わらずに嘆いてる方も多いのではないでしょうか?

西洋医学ではぎっくり腰にたいしてはあまり明確な治療法がなく、整形外科に行っても痛みどめとコルセットをまかれるだけのことが多いです。

しかし、湿布や痛み止めは痛みを抑えるだけでカラダを治癒するものではありません。

それに対し鍼灸施術は痛みを緩和することだけでなく、自然治癒力を高めてぎっくり腰からの回復を早めてくれます。

また、ぎっくり腰で大切なことは激しい痛みを緩和させることだけではなく、同じことを繰り返さないようにすることだと私は思います。そのためにも普段から自身のカラダに耳を傾けて、疲労が溜まりきる前にメンテナンスをするという習慣が大事ではないでしょうか?

当院では痛みを緩和するのはもちろん、あなたがぎっくり腰にならないようなカラダ作りをサポートさせて頂いております。

「もう二度とぎっくり腰になんてなりたくない」と思っている方は是非、ご相談ください。

小島 周

0463-26-7332
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP