逆流性食道炎でお悩みの方へ

こんな症状でお困りではないですか?

  • 胸焼けが続いて不快である
  • げっぷが多く、酸っぱいものが上がってくる
  • 喉がつかえるような感覚があり気持ちが悪い
  • のどがヒリヒリすることがある
  • ストレスが溜まると吐いてしまうことがある
  • 胸がしめつけらるような感じがする

このような症状が長く続いている場合は逆流性食道炎かもしれません。

当院では逆流性食道炎に対して次のような施術をします。

逆流性食道炎は食べ過ぎやストレスにより胃酸が多く出過ぎたため起こることが多いです。
胃には食べ物が逆流をしないように防ぐ弁がありますが、老化などにより、その機能がうまく働かなくなることでも起こります。

現代医学では胃酸を抑える薬を出したり、消化の悪い食べ物を控えるなどの指導をしていきます。

ところが原因の多くはストレスや老化によるもので、薬だけでは症状を抑えるだけになり根本的な解決にはなりません。
また、姿勢が悪く背中の丸まっている人はお腹の圧力が高くなりやすいため、胃を圧迫し胃液の逆流を起こしやすくなります。

当院ではAMS施術により、姿勢の改善をすることで胃に圧力がかかりにく正しい状態に戻します。
さらに胃の気の巡りを改善することで、消化に関係する臓器を活発にし、おいしくご飯が食べられるカラダにしていきます。

施術を受けて頂いた患者様の声

「治療をしてもらうようになってからは胃酸が戻るようなことはなくなりました」
(平塚市 50代 女性)

「治療をしてもらった翌日から胸焼けがなくなりスッキリしました」
(秦野市 60代 女性)

「胸のムカツキがなくなり、ご飯が美味しく食べられます」
(平塚市 40代 女性)

不快な胸焼けを引き起こす逆流性食道炎・・・
そんな症状から解放されて、好きなものを美味しく食べられる健康的な生活を送って頂きたいと願っております。

是非、私にそのお手伝いをさせて下さい。

小島 周

0463-26-7332
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP