火照りやのぼせでお悩みの方

火照る女性からだが火照ってのぼせたり顔や手足から汗が止まらず普通に生活するのが大変とお悩みの方へ

鍼灸施術で自律神経のバランスを整えて
火照りやのぼせのないからだになりませんか?

あなたはこのようなことでお困りではありませんか?

  • パソコンやスマホが汗でびっしょりになってしまう。
  • 手足がすぐに汗ばんでしまい気持ちが悪い。
  • 顔からの汗が止まらず化粧ができず外出したくなくなる。
  • 頭がボーっとして何もやる気が起きず家事が手につかない。
  • 急に顔から汗が流れ出るので人と出かけるのが嫌になる。
  • エアコンの温度設定のことで旦那さまとケンカになってしまう。

もしも、このようなことでお困りであれば当院の鍼灸施術で火照りやのぼせがが気にならないからだになりませんか?

火照ったからだを冷やしても火照りやのぼせは治りません。

あなたは火照ったからだを氷枕で冷やしたり冷たい水をガブガブと飲んだりしていませんか?

火照りやのぼせを引き起こす原因は女性ホルモンの分泌や自律神経のバランスが崩れたものによることが多く、からだを冷やしても根本的な解決にはならず、かえって症状を悪化させることにつながります。

自律神経は極端な行動をしたりすることで余計にバランスを崩してしまいます。特に冷やす行為はからだを興奮させてしまう交感神経が強く働きます。交感神経は戦うための神経と言われていて交感神経が働きすぎるとからだに熱を生じたり、汗をかいたりします。

また、東洋医学では冷えが極まると熱に変わると言われていて、火照りやのぼせを引き起こす原因とされています。

病院で「なんでもない」と言われてしまう火照り・のぼせの原因

①自律神経失調
からだをコントロールするための神経のバランスが崩れてしまったことにより、汗を出す汗腺の開閉が狂ってしまった状態です。多くの原因は家事や仕事などによるストレスを受け続けることで交感神経というからだを興奮させる神経が常に働いた状態になってしまったことによるものです。通常、自律神経はからだをリラックスさせる副交感神経と共にバランスをとりながらからだをコントロールしていますが、交感神経が働くとからだは熱を産み、汗をたくさんかくようになってしまうのです。
②若年性の更年期障害
女性ホルモンのバランスの崩れが原因で自立神経失調を起こした状態です。本来であれば閉経が近い方に“ホットフラッシュ”と呼ばれる、顔や首筋、背中から大量の汗が吹き出たり、顔がカァーっと熱くなる火照りやのぼせがみられますが、最近では精神的なストレスや生活習慣の不摂生により30代や40代の方にも見られるようになってきました。また、ホットフラッシュ以外にも肩のこりと共に頭痛が出たり、ちょっとしたことでもイライラしたり、心臓がドキドキする動悸、何もしていないのにからだがだるい等の症状も一緒に現れるケースもあります。
③冷え
20代~30代と比較的に若い世代に見られる火照りやのぼせの原因の多くは冷えによるものです。東洋医学の世界では頭寒足熱と言って、頭(上半身)は涼しく、足(下半身)は温かいのが健康な状態と考えられていますが、現代の生活習慣では逆になっていることが多いです。例えばエアコンは上から温かい空気が流れてるけど床はフローリングで冷たい、冬はマフラーを巻いてコートを着ても下はスカートで寒いといった感じです。このような生活の積み重ねにより頭熱足寒になってしまい、結果として火照りやのぼせやすいからだになります。
④熱中症
急な火照りやのぼせが起きた場合は熱中症の可能性があります。暑い季節やお風呂場などでからだが火照ったり顔が熱くなってきた時は要注意です。熱中症の場合は吐き気を伴ったり、ふくらはぎなどの筋肉がピクピクと痙攣したり、つったりしやすくなります。また汗はかいているのに水が飲めないくらいの疲労感を感じます。
熱中症というと涼しい部屋なら起きないと思われがちですが、水分不足により起こることも多々ありますので喉が渇いたと感じたらすぐに水分補給をしましょう。
⑤甲状腺機能亢進症などの病気
からだの火照りやのぼせを感じる病気があります。
風邪やインフルエンザなどの感染症や甲状腺機能亢進症(バセドウ病)や糖尿病などです。
これらの病気は初期症状でしたら鍼灸適応症状ですが、進んでしまうと治すのが難しい病気ですので火照りやのぼせ以外に熱がある、喉に違和感がある、トイレが妙に近いといった症状があるようでしたら、まずは先に病院で検査を受けてみてください。

これらの原因の中でも多いのが“冷え”によるものです。からだが熱く汗をかくため冷えていることに気づきにくいのですが、冷えが治まると自然と火照りやのぼせがなくなるケースが多いです。

原因をしっかりと把握し正しく対処できれば、火照りやのぼせは改善させることは可能です。

あまね鍼灸院では火照りやのぼせを根本から改善させるためにこのような施術を行っています。

①からだのバランスを整え自律神経の働きを正常にする

手足やお腹、背中にあるツボに鍼やお灸をすることでそのツボに関係する内臓の働きが正常になり崩れていたからだのバランスを整え、自律神経の働きを正常に戻します。

自律神経が正しく働くことで免疫力や自然治癒力が向上し、自然と症状を治しやすいからだに導きます。

②火照りやのぼせに効果のあるツボを使って症状を緩和させる

頭や手のひらなどにある火照りやのぼせに効果の高いツボを患者さまの症状に合わせて使い分けていきます。

火照りやのぼせに効果のあるツボはいくつかありますが、問診や検査により患者さまに合うツボを選びます。

③火照りやのぼせの原因にあわせた症状に効果のあるツボを使って根本から改善

上記に記載しためまいの原因に対してアプローチをしていきます。

例えば冷えが原因であれば、冷えに効果のあるツボを使って施術を行います。

火照りやのぼせによる鍼灸施術の治療ペース

鍼灸施術は症状が激しく急性の物は比較的早く改善する傾向にあり、症状は激しくないものの嫌な感じが長く続くような慢性のものは改善に時間を要します。

火照りやのぼせの場合、、患者さまの症状により異なりますが、

発症が早く比較的軽めのものであれば週に1回のペースで1ヶ月間
慢性的(症状が1ヶ月以上続く)なものは週に1〜2回の施術を1〜3ヶ月間

受けて頂くのが理想的です。

その後は症状の改善や経過により10日、2週間に1回と施術頻度を少なくしていきます。

また治療期間中は症状の改善や様子に合わせて治療ペースを変えていき、患者さまに適した通院ペースをご提示しておりますが予約の強制はしておりませんのでご安心ください。

平塚・秦野・伊勢原地区で顔から汗が止まらない、手足が汗でびっしょりになるような火照りでお困りの方はご相談ください。

病院や治療院に通っているけど火照りが全然良くならないとお困りの方は、もしかすると火照りの原因に対するアプローチが間違っているのかもしれません。

もし、あなたが病院で「なんでもない」と言われてしまったけど、顔から汗が滝のように流れる、からだが火照って気持ち悪くなるとお困りであれば当院へご相談ください。

当院では「病院」「整骨院」「整体・カイロ」「一般的な鍼灸院」と異なり症状だけに目を向けずにあなたのからだ全体を診ることで根本からめまいを改善に導いています。

火照りやのぼせが改善したら、あなたは何がしたいですか?

是非、私にあなたが想う未来を叶えられるようにサポートさせてください。

院長 小島 周

0463-26-7332
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP