マタニティ鍼灸

妊婦さんに鍼施術

薬を使わずお腹の赤ちゃんにも安心な鍼灸施術で安産のためのからだ作りをしませんか?

あなたはこのようなことでお困りではありませんか?

  • つわりがひどくて頭痛や食欲不振が続いている。
  • 今までは何でもなかったが妊娠してからは肩こりや腰痛が出るようになった。
  • 妊娠してから顔や足などがむくんでパンパンになることが多い。
  • 逆子と言われてしまったので何とかしたい。
  • マッサージや整体に相談したら「妊婦さんの治療はできない」と断られてしまった。
  • 風邪を引いてしまったが薬を飲まずに治したい。
  • 妊娠中も元気にマタニティライフを楽しく過ごしたい。

もしも、あなたがこのようなことでお悩みであれば当院の鍼灸施術で妊娠中の健康管理のサポートができます。

薬を使わず不調の改善や安産のサポートができるマタニティ鍼灸とは…?

マタニティ鍼灸とは妊娠時に起こるからだのトラブルの改善や安産のためのからだ作りを鍼灸施術を用いて行うことです。妊娠初期に起こるつわりからむくみや便秘、切迫早産の予防、逆子、安産の手助けまで妊婦さんのからだの不調やお悩みに対応しています。

整体やマッサージなどは安定期に入ってからではないと施術ができないケースもありますが、もっとも不調が出やすいのはつわりが出る妊娠の初期段階に起こります。薬も使用できない時期でもあるのでじっと我慢して過ごすことになってしまい「ママになるためには仕方がない」とあきらめてしまう方が多いようでが、当院の鍼灸施術は妊娠初期の方でも施術を受けて頂くことが可能です。
また、当院の鍼灸施術はあなたが持っているからだの治癒力を引き出すことで自然と症状を改善に向かわせるものなのでお薬のような副作用はほとんどありません。

妊娠中の健康トラブルの原因

①女性ホルモンのバランスの変化
妊娠するとからだの女性ホルモンのバランスが変化するため様々な症状を起こします。
妊娠初期のつわりや腹痛などはこの女性ホルモンの分泌が急激に変化するためからだがついていかず症状を起こします。また、女性ホルモンの分泌を管理する自律神経が乱れることで頭痛や眠気、だるさや便秘などの症状を起こりやすくなります。
②血液量の増加
妊娠するとお腹の赤ちゃんに栄養を送るため血液の量が多く必要になります。そのためからだ全体の水分量が増えてむくみやすくなります。あまりにもむくみがひどい場合は妊娠中毒症の可能性があるので病院へ相談しましょう。
③子宮による内臓の圧迫
赤ちゃんが大きくなるにつれて膀胱や直腸を圧迫が強くなるため、トイレが近くなる、便秘になるなどの症状が見られるようになります。またお腹のバランスを取ろうとして腰が反り、腰痛を起こしやすくなります。

妊娠中によく起こる健康トラブル

  • つわり・悪阻
  • 眠気
  • だるさ
  • 肩こり
  • 腰痛
  • 頭痛
  • 便秘
  • むくみ
  • 風邪
  • 逆子

妊娠中の健康トラブルはこの他にも様々な症状を起こします。
ここに記載されている症状以外でお悩みの方でも鍼灸施術で対応できることがあります。
まずはお気軽にご相談ください。

なぜ、あまね鍼灸院の鍼灸施術が妊娠中の健康トラブルに効果的なのか?

妊娠中の健康トラブルを起こす原因を考えて、あなたに合わせた施術を行うからです。

妊娠中の健康トラブルの原因は上で述べたとおり様々な原因により起こります。
なかでもホルモンバランスの変化は自律神経の乱れを起こしやすいです。自律神経の乱れは病院や一般の治療院のように症状ばかりに目を向けて施術をしていても根本的な改善にはつながりません。

そのため、まずはあなたがどのような症状に悩んでいて、どのような生活をしているのかをしっかりと問診していきます。病院では問診の時間が短いため原因になりそうなことがらを見つけるまでにいかないことが多いですが、当院では自律神経の乱れが起きやすい行動などを探り、アドバイスをしております。

問診が終わると続いておからだの状態を検査を行い自律神経の乱れにより起きたからだのバランスをチェックし、検査に応じたツボに鍼やお灸をします。

鍼灸施術は適切なツボに鍼やお灸をすることでその刺激が皮膚から自律神経を通じて内臓に働きかけます。その刺激が狂った自律神経の働きを正常に戻すようからだに働きかけることで妊娠中の健康トラブルを改善していきます。

妊娠中の健康トラブルによる鍼灸施術の治療ペース

鍼灸施術は症状が激しく急性の物は比較的早く改善する傾向にあり、症状は激しくないものの嫌な感じが長く続くような慢性のものは改善に時間を要します。

妊娠中の健康トラブルの場合、患者さまの症状により異なりますが、

発症が早く比較的軽めのものであれば週に1回のペースで1ヶ月間
慢性的(症状が数ヶ月も続く)なものは週に1〜2回の施術を1〜3ヶ月間

受けて頂くのが理想的です。

その後は症状の改善や経過により2週間に1回と施術頻度を少なくしていき安産のためのからだ作りに移行していきます。安産のためのからだ作りは1ヶ月の1回くらいのペースで施術を受けて頂くのが理想です。

逆子の施術に関しましては日を空けずに続けて2~5回の施術をして頂くと効果的です。

また治療期間中は症状の改善や様子に合わせて治療ペースを変えていき、患者さまに適した通院ペースをご提示しておりますが予約の強制はしておりませんのでご安心ください。

平塚・秦野・伊勢原市にお住まいで妊娠中の健康トラブルにお困りの方はご相談ください。

妊婦中の健康トラブルで一番困ることは「薬を使うことができないため症状を我慢しながら過ごす」ようになることです。しかし、東洋医学では2000年も前から妊婦さんの不調を鍼やお灸で治療を行ってきました。鍼灸施術は妊婦さんに対しても副作用がほとんどないためお薬がつかえない様な状態でも対応ができます。

もし、あなたが「妊娠中に体調が悪いけどお薬を飲むことができない」「マッサージや整体院では妊婦さんの治療はしていないと断られてしまった」と悩みであれば当院へご相談ください。

当院では「病院」「整骨院」「整体・カイロ」「一般的な鍼灸院」と異なり症状だけに目を向けずにあなたのからだ全体を診ることで根本から妊娠中の健康トラブルを改善に導いています。

つらい症状を改善して、楽しいマタニティライフを過ごしませんか?

是非、私にあなたが想う未来を叶えられるようにサポートさせてください。

院長 小島 周

0463-26-7332
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP