つわりが辛いとお悩みの方へ

つわりの女性

鍼灸施術でホルモンのバランスを整えて、つわりを気にせず楽しいマタニティライフを過ごせるようになりませんか?

あなたはこのようなことでお困りではありませんか?

  • 会話をしているだけで涎がこみ上げてきて気持ちが悪い。
  • 何を食べても美味しくなくご飯を食べたくない。
  • 食欲がなくなりどんどん痩せてしまい心配になってきた。
  • 食べ物や化粧品のにおいを嗅いだだけでも気持ち悪くなるので買い物がつらい。
  • 朝起きると気持ちが悪くしばらく起きられない。
  • 常に横になっていないときつく家事がはかどらない。

もしも、あなたがこのようなことでお困りであれば当院の鍼灸施術でつわりの気にならないからだになりませんか?

つわりの原因とは…?

つわりの原因は女性ホルモンの分泌のバランスが崩れたことにより起こるとされていますが、はっきりとした原因はわかっておりません。

東洋医学ではつわりはからだに溜まった毒素を赤ちゃんに行かないように外に出そうとする行為と考えらています。そのため過去にファーストフードやインスタント食品などの化学調味料が多い食べ物をたくさん摂っていた方や常備薬を服用していた方はつわりがひどくなる傾向にあります。また最近の研究ではつわりが起こることで流産のリスクを低くするとも言われており、赤ちゃんが元気に育つために必要なこととされています。

薬が飲めない時こそ鍼灸施術

つわりがひどくて薬を使いたくても妊娠中の為、我慢をしてつらい日々を過ごしていませんか?

そんな時こそ鍼灸施術がおススメです。
鍼灸施術は患者さん自身の回復力を高めるサポートをするだけなので副作用がほとんどありません。そのため、妊娠初期の妊婦さんにも施術を受けて頂けます。

マッサージや整体などでは妊婦さんの施術をしない先生や安定期に入ってからでしか施術をしないことがありますが、当院の鍼灸施術は妊娠初期のつわりが一番つらい時期でも施術を受けて頂けます。

あまね鍼灸院ではつわりを改善させるためにこのような施術を行っています。

①からだのバランスを整え自律神経の働きを正常にする

手足やお腹、背中にあるツボに鍼やお灸をすることでそのツボに関係する内臓の働きが正常になり崩れていたからだのバランスを整え、自律神経の働きを正常に戻します。

自律神経が正しく働くことで女性ホルモンのバランスを正常にし、自然と症状がでにくいからだに導きます。

②つわりに効果のあるツボを使って症状を緩和させる

足の裏や手首にあるつわりに効果のあるツボを患者さまのおからだの状態や症状に合わせて使い分けていきます。また妊婦さんは刺激に敏感なため、鍼の刺激が少なくなるように調節をしています。

つわりに効果のあるツボはいくつかありますが、問診や検査により患者さまに合うツボを選びます。

当院の施術を受けて頂いた患者さんの声

リラックスして施術してもらえるのでまた来たいと思えるお店です。

患者様の声20

平塚市 M.Aさん 女性 26歳

症状:つわり・食欲不振

◆どのような症状やお悩みで来院されましたか?
つわりが辛くて来ました。
◆当院で施術を受けてどのような変化がありましたか?
つわりが少し楽になり、食欲もでてきました!!
◆なぜ、当院をお選びになったのですか?
家から近い!!やっぱり辛いのに遠くまで通えないので。つわりで治療をして頂ける所もあまりないので近い所で見付かって良かったです。
◆施術の感想や他の治療院との違いをお聞かせください。
ハリは痛そうなイメージが・・・全然痛くない!!しっかり一つ一つ説明して頂けるので安心できます。
◆院内の雰囲気や私に対してのご意見やご感想をお聞かせください。
院内はレトロな感じで落ちつきます。お話も楽しくて、リラックスして施術してもらえるのでまた来たいと思えるお店です。ありがとうございました!!

院長より一言

妊娠3ヶ月で「涎つわり」に悩まされていた患者さんです。

妊婦さんなので遠くに通うのは大変なので近場でつわりの施術をできる治療院を探していて偶然、当院を発見されたそうです。

施術1回目の後、今までは揚げ物とかの臭い嗅ぐだけで気持ち悪くなっていたけど、家族で外食に出かけ、てんぷらを食べることができたと喜んでいました。その後、吐き気も少なくなり涎もこみ上げてくることがなくなり仕事にも影響しなくなったとご報告を頂きました。

つわり以外にも仕事による首や肩の凝りを取り除きながら安産のために月に1回の施術を続けていき無事に出産したとご報告を頂きました。

出産前にお灸をおススメして実行したところ、病院について3時間のスピード出産でからだにも負担がかからなかったと喜ばれていました。

我慢せず、1度、鍼灸治療を試してみるのもおすすめしたいです。

患者様の声28

平塚市 Y.Iさん 女性 30代

症状:つわり

妊娠5か月に入った頃に長引くつわりに悩み、つわりに鍼灸が効くと聞き受診しました。

症状としては、よだれ痰づわりに後鼻漏・咳、食欲不振、吐き気で特に唾が1日中止まらず、常に吐き出していました。

1回目の施術で唾の量が減り、2回目~3回目で徐々に食べられるようになりました。

よだれづわりは産むまで続く人もいると目にしていたので、鍼灸を試して症状が改善して良かったです。

つわりはとても辛いですが我慢せず、1度、鍼灸治療を試してみるのもおすすめしたいです。

院長より一言

妊娠5ヶ月を過ぎてもつわりが治まらずに悩まれていた患者さんです。

インターネットでつわりの改善に効くものがないかと調べていて鍼灸が効果的であるとみてご連絡を頂きました。

初診時はリンゴしか食べてないと言っており、顔色も悪く真っ白でした。喘息もあり、その時も咳が出ていたのですが施術後は顔に血色が戻り少し元気が出たようでした。

2回目の施術の時には少しではあるがパンを食べたりすることができるようになり、3回目の治療後はたくさんではありませんが普通の食事に戻し始めても大丈夫になってきたと言っていました。

現在は食欲は戻りましたが出産までの体調管理のため、月に1回の施術に来られています。


つわりによる鍼灸施術の治療ペース

鍼灸施術は症状が激しく急性の物は比較的早く改善する傾向にあり、症状は激しくないものの嫌な感じが長く続くような慢性のものは改善に時間を要します。

つわりの場合、患者さまの症状により異なりますが、

発症が早く比較的軽めのものであれば週に1回のペースで1ヶ月間
症状がひどいものは週に2回の施術を1ヶ月間

受けて頂くのが理想的です。

その後は症状の改善や経過により10日、2週間に1回と施術頻度を少なくしていき、最後は月に1回のペースで安産のためのメンテナンス施術に移行しております。

また治療期間中は症状の改善や様子に合わせて治療ペースを変えていき、患者さまに適した通院ペースをご提示しておりますが予約の強制はしておりませんのでご安心ください。

平塚・秦野・伊勢原市にお住まいで「吐き気」「胸焼け」など辛いつわりの症状でお困りの方はご相談ください。

つわりを始め妊婦中の健康トラブルで一番困ることは「薬を使うことができないため症状を我慢しながら過ごす」ようになることです。しかし、東洋医学では2000年も前から妊婦さんの不調を鍼やお灸で治療を行ってきました。鍼灸施術は妊婦さんに対しても副作用がほとんどないためお薬がつかえない様な状態でも対応ができます。

もし、あなたが「赤ちゃんを授かったのは嬉しいけど、つわりが酷くて辛い」とお困りであれば当院へご相談ください。

当院では「病院」「整骨院」「整体・カイロ」「一般的な鍼灸院」と異なり症状だけに目を向けずにあなたのからだ全体を診ることで根本からつわりを改善に導いています。

辛いつわりを改善して楽しいマタニティライフを過ごしませんか?

是非、私にあなたが想う未来を叶えられるようにサポートさせてください。

院長 小島 周

0463-26-7332
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP