院長プロフィール

小島周プロフィール画像

氏名 小島 周(こじま まこと)
出身地 神奈川県
居住地 神奈川県秦野市
生年月日 1980年1月20日
経歴

2005年
大手スポーツクラブや秦野市、厚木、座間の公共施設内にてフィットネストレーナーとして運動指導を行う。

2011年
東京医療専門学校鍼灸科卒業。卒業後、同校鍼灸科附属施術所に所属しながら都内の鍼灸院で修行を積む。

2012年
呉竹医学会で「肩甲骨内縁の痛みに対する鍼灸治療」の症例を発表。

2013年
小島はり・きゅう院を開業。

2016年
あまね鍼灸院にリニューアル。

保有国家資格 はり師・きゅう師免許
スポーツ
経験
空手、キックボクシング
趣味 家庭菜園、コーヒーを美味しく淹れること
血液型 O型
好きな言葉 一期一会、温故知新

自己紹介

こんにちは。

神奈川県平塚市で症状に目を向けるだけではなく“からだのバランスを整える東洋医学”でつらい症状やからだの不調を根本から改善させる鍼灸専門院を開院している小島周と申します。

当院では特に「調子が悪いが病院では何でもないと言われた」「整体やカイロに通ったけど効果がでない」「できるだけ薬に頼らずに不調を治したい」という患者さまの悩みを解決に導き、来院して頂いた患者さまからは「2年間続いていた不正出血がピタリと止まった!」「病院や整体などあらゆる治療を試みたものの変化のなかった背中の痛みが良くなった」「3年以上妊娠しなかったのに来院2か月で赤ちゃんを授かった」など喜びのお声を頂いております。

鍼灸施術を通して心とからだの健康をサポートし、家事や仕事、子育てなど充実した毎日をあなたらしく送って頂けるように努めています。

ストーリー

鍼灸との出会い

私が鍼灸師を目指すきっかけはフィットネストレーナーをやっていた頃に、ひとりの女性クライアントさんに出会ったことです。

その女性のクライアントさんは週に2回のダイエットプログラムを受けていたのですが、毎月必ず1回はキャンセルの電話がかかってきました。最初のうちはあまり気にしていませんでしたが何か月もそのような状態が続いたため彼女のことが心配になった私は思い切ってその理由を尋ねてみることにしました。

すると、彼女は恥ずかしそうに「原因は分からないのですが生理痛がひどくて体調を崩して寝込んでしまうんです。」と答えました。

彼女はトレーニングをしている時も自分を追い込むようなタイプでしたし、普段の会話でも元気で大声で笑うようなタイプでしたので失礼な話ではあるのですが「意外だなぁ」と思いました。

これだけ普段は元気なのに月に1回は寝込むくらい体調が悪くなるなんて、どこか悪いところがあるのかもと思いつつも病院で調べてもらっても異常はないみたいだし、私にできることはトレーニングを軽くしたり、休ませたりすることぐらいでした。

当時、私にはスポーツクラブは元気な人ばかりが通うイメージがあり、実際にそこまで体調を崩すようなクライアントさんはいませんでした。

彼女との出会いをきっかけに、私はトレーニング指導の他にクライアントさんの健康を改善できたり、向上できたりする方法は何かないかと考えるようになったのです。

そんなある日のこと、私は自身のトレーニングの最中に腰を痛めてしまいました。
整形外科に行ったものの何時間も待たされたあげく「何でもないですね」の一言で痛み止めを出されるだけ、整骨院で電気をかけたり整体に行ってもみましたが全然良くならず、毎日通うのが面倒になっていました。

いよいよ、打つ手がなくなった時、トレーナーの先輩から「鍼はやってみた?」と声をかけられました。

その時は鍼の存在自体は知っていましたが、採血が嫌いな私には選択肢の中に入っていませんでした。おそらく鍼を受けたことのない人が誰でも思うように私も「からだに鍼を刺すなんてありえない」「絶対、痛いに決まっている」と思っていたからです。

しかし、腰の痛みが悪化したためにそのようなことは言っていられなくなり、嫌々ながら鍼を試してみることを決意しました。

恐る恐る鍼灸院に行ってみると、優しそうなおじいさん先生が施術をしてくださいました。

最初は緊張していたものの、いざ鍼を打たれると想像していたものと違い多少はチクッとするものの痛いというようなことはありませんでした。

施術後は腰の痛みも和らぎ、今まで受けてきた施術の中で一番効果があると感じた私はこの鍼灸院に通うことにしました。その後、何度か鍼灸院に通い続けているうちに「鍼灸にはどんな効果があるのか?どんな症状に効くのか?」と興味が湧いて来ました。

何度目かの施術の際に先生に鍼灸に興味をもったことを伝えると、先生は「鍼灸はすごいよ~。意外と知られていないけど風邪とか喘息と胃のむかつきみたいな症状は簡単に治るよ。」「後は女性の片頭痛とか生理痛とかにもよく効くかな。うちにも若い女性がよく来るし。」「小島くんはトレーナーやっているんだよね。スポーツやっている人も鍼好きな人多いし鍼やってあげれば体調も良くなるし、面白いかもよ~。」と答えてくれました。

「スポーツをやっている人は鍼が好きだし体調も良くなる・・・」「女性の生理痛にもよく効く・・・」この2つのキーワードを聞いて、私は例の女性クライアントさんのことが頭に思い浮かびました。

もしかすると、トレーニングをしながら鍼灸施術をしてあげたら、彼女のダイエットも生理痛の悩みもどちらの悩みも同時に解決できるのではないかと思ったのです。

それからの私の行動は早く、早速、鍼灸の専門学校の資料を取り寄せ、鍼灸に関する本を買って読みました。本には「鍼灸で現代医学では良くならない症状が改善した」「世界的にも鍼の効能が認められている」などの内容が書いてあり「鍼灸には様々な可能性がある」と感じた私は鍼灸師になるために専門学校への入学を決めました。


鍼は東洋医学ではない!?

鍼灸師を目指すための3年間はあっという間に過ぎていきました。
鍼灸の勉強は思った以上に大変で恐らく今までの人生の中で一番、勉強に時間を費やしたと思います。

特に国家試験に向けての勉強は大変でしたし、私が想像していたのとは違い解剖学や生理学など現代医学の科目が多いことには驚きましたが、まずは国家試験に受からないといけないために、とにかくがむしゃらに勉強をしてきました。

そして国家試験に合格し、晴れて鍼灸師の仲間入りを果たしました。

しかし鍼灸師の資格を取っても、まだ右も左も分かりません。
どこかで勉強をしなくてはいけないと思いましたが、あまり鍼灸院の求人はなかったため、私は卒業した学校に残り、研修生として勉強することにしました。

私が通っていた学校には卒業生が研修生として学校付属の先生の指示のもとで実際に患者さまを施術することができる学校付属の鍼灸施術所があり、そこで一人の先生に出会いました。

その先生は患者さんからも慕われていて腕も良く人格者でしたが、たった1つだけ気になることがありました。

それは「鍼は科学である」という先生の言葉です。

私の中で「鍼は東洋医学であり、科学では解明できないもの」というイメージがありました。科学的な根拠はないが様々な可能性を秘めている、私は鍼灸はそのようなものだと思って3年間勉強をして鍼灸師になったのです。

ところが、その先生は「東洋医学は根拠がないし、気なんてあるわけがない」「鍼は触って痛みが出る反応点に刺せば良い。ツボを取るよりも筋肉や神経の走行を考えるんだ。」と言い、東洋医学を否定した現代鍼灸を提唱していました。

その時の私は国家資格を取ったとはいえまだ鍼灸のことを詳しく知らなかったため「今は時代も変わったしそういうものなのかもしれないなぁ・・・」と、そう思いその先生のもとで勉強に励むことにしました。

そんな、ある日のことです。

その先生は患者さんを診ることもなく、その場で帰してしまいました。

「どうしたのですか?」と尋ねると「風邪を引いてて熱があるから鍼はやらない方が良いと言って帰ってもらった」と返ってきました。

「え、鍼って風邪にも効くって聞きましたけど・・・」と言ったとたんに今度は「馬鹿、鍼で風邪が治るか!現代医学でも治せないものは鍼では治せやしないだろ」と言われてしまいました。

その後、さんざん東洋医学を否定した話を聞かされ、私は「鍼灸は現代医学でも難しい症状が治る可能性を秘めているもの」という考えを打ち砕かれました。

「これでは、なんのために鍼灸師になったのか?」「これまでの3年間は無駄だったのか?」

そんなことが頭の中をグルグルと駆け巡っていました。


本物の鍼灸との出会い

施術所の先生に一喝され、「鍼では風邪は治せないのか・・・」と気持ちが落ち込んでいた頃、日ごろの疲れも溜まっていたせいか私自身が風邪をひいてしまいました。

その頃、私は施術所での勉強だけではなく他の治療院でもアルバイトを兼ねて勉強をしていたのですが、風邪をひいたその日は治療院へ行く日でした。

熱っぽく重いからだを引きずって治療院に行ったものの午前中でつらくなってきたため、院長に「すいません。どうも熱があるようなので早退させてもらえませんか?」と相談していたところ、先輩の鍼灸師が「熱があるなら治療してあげるよ」と言ってきました。

その時、私は施術所の先生の一件で「鍼で風邪は治らないんだろう」「それより早く帰って休みたい」と思っていましたが、まだ、そこの治療院に入ったばかりで先輩がどういう治療をするのか知らず興味があったので「これも勉強の1つだ」と思い、先輩に治療をしてもうらうことにしました。

先輩は手首の脈を取ると「脈が速いね。確かにこれなら熱もありそうだね。」と言いながら、手足にチョンチョンと鍼を当てていき、「ちょっとお腹に鍼刺すよ。」と言いながら今度は鍼を直接お腹に刺しました。

先輩の治療は私が知っているものとは、まったく違い驚きました。特に鍼を直接刺すことは一般的な鍼灸施術ではあまりしないからです。通常、一般的な鍼施術は鍼を管に入れてから鍼の頭をトントンと叩いて刺すのですが先輩の鍼は管を使わず、しかも管を使った時よりも痛くなく、ほとんど何も感じませんでした。

「へえ、こういう方法もあるのだなぁ」と、頭がボーっとしながら施術を受けていると治療は10分程度であっという間に終わりました。

「はい、終わり。休憩時間少し寝れば良くなるよ。」と言わました。施術後は確かに少しからだがスッキリしましたが、やはり「鍼では風邪なんて治らないだろう」と思ったままで休憩時間に仮眠をしダメなら帰らしてもらうつもりでいました。

ところが、1時間くらい仮眠をとった後に目を覚ますと「あれ?なんか今朝よりからだが軽くなっている」と感じ、その日は早退することなく夜まで仕事をして帰ることができたのです。

家に着いた私は「うーん。あんなちょっと鍼をしただけで、不思議なこともあるのだなぁ。でも、まだ熱っぽいし明日は熱が上がってアルバイトは休みだろうな。」と思っていました。

私は風邪を引くと長引くことが多く、たいていの場合は熱が出て動くこともつらくなるからです。

しかし、翌朝起きて驚きました。熱があるどころか、ここ数か月間の疲れが吹っ飛んだようにとても心地よく目が覚めたのです。

「からだは軽いし、熱もないし、あの先輩、すごいな~。」と先輩の治療に興味を持った私は早速、先輩に昨日の治療の話を聞いてみると、「僕が所属しているのは古典鍼灸を勉強する会で素問・霊枢(そもん・れいすう:現存する世界最古の医学書と言われている東洋医学のバイブル)みたいな古典医学書を勉強したり研究したりしている所だよ。まぁ、簡単に言うと、いわゆる東洋医学的な考えをもとに治療をしているんだけどね。」と教えてくれました。

先輩の話を聞いて私はやっぱり「東洋医学には様々な可能性がある」「これが私のイメージしていた本物の鍼灸だ」と思いました。それから治療院にアルバイトに行くたびに先輩の話を聞き「先輩のやっている鍼灸施術を勉強したい」と伝えると「興味を持ってくれたみたいだけど、うちの会は5年に1回しか募集しないし審査もあるよ。」と言われました。

私はすぐにでもその会で勉強をしたいと思ったため、がっかりして「5年も待ってられないなぁ」と言うと「でも、確か来年は募集があると思うから興味があったら応募してみてね。受かるか分からないけど。」と先輩は笑って言いました。


心がないと言われた施術

先輩に勉強会の話を聞いてから1年後、審査が通り私は先輩の所属する会の講習の参加を認められ、そこで1年間基礎を学んだあと、晴れて正規会員となりました。

最初のうちは東洋医学をもとにした施術ではなかなか良い結果が出なかったり、患者さんへの説明がうまくいかず失敗ばかりしていましたがだんだんと以前行っていた現代鍼灸の施術よりも良い結果が出るようになってきました。

その頃になってくると私は腰痛や肩こりだけでなくて、頭痛や生理痛などの症状や現代医学でも改善しづらい症状などを診てみたくなっていました。

そして、だんだんと「鍼は科学だ」と言っていた先生の教えに納得がいかなくなり、その先生のもとを離れることにしました。

施術所をやめた私は思い切って独立することにし2013年に小島はり・きゅう院を開業しました。
最初のうちは治療院でアルバイトをしながら往診を中心に経験を積んでいましたが、自分の理想の環境で施術ができるように2014年の4月に平塚市真田の自宅の一室を治療室にし外来専門に変更することにしました。

しかし、治療院を開業したものの苦労と苦悩の連続でした。

特に最大の悩みは「症状が良くなっても患者さんが来なくなる」ということです。

治療もうまくいっているし、症状は良くなっているのに「何が悪いんだろう?」と考える毎日を過ごしているうちに次第に精神的疲労が溜まってきてしまいまい、疲労を取るためにを先輩のところへ治療を受けに行くことにしました。

先輩の治療を受けつつ「良くなっても患者さんが来なくなる」というようなことを私が愚痴るように話すと「小島君は患者さんをどうしたいのか?」「小島君の治療には心がないように感じる」と言われてしまいました。

それから先輩は「患者さんを良くしたいことは鍼灸師としては当たり前のこと、でも何でもかんでも症状を治すだけではダメなんじゃないかな?」「それに症状を治すことも大事だけど、その患者さんが病気にならずに薬や病院と縁のないような生活を送れるようにしてあげることこそが東洋医学の本質だと思うよ。」と諭すように語ってくれました。

その話を聞いて私は確かに患者さんを良くしたい気持ちを持って治療はしていましたが、それ故に患者さま自身よりも症状に目を向けてしまっていたように思えました。

私は知らず知らずのうちに患者さまではなくて症状を治療していたのです。

これでは現代鍼灸の施術と変わらないし、その辺の治療院となんら変わりません。東洋医学の良さを自ら潰してしまっていたのです。

「いったい私は何のために東洋医学を学び、鍼灸施術をしているのだろう?」

そう自分自身に問いかけもう一度、自分を見つめなおすことにしました。


“患者さん自身を診る”治療

心がないと言われて悩み続けた私は原点に戻ることにしました。

私の原点はフィットネストレーナー時代にあると思い、昔を思い出すために久しぶりにトレーニングを始めました。
ジョギングをしながらあれやこれやと考えているうちに、なぜ自分が鍼灸師の資格を取ろうと思ったのかを思い出していました。

考えてみれば鍼灸師になるきっかけは、原因不明の生理痛で体調不良になる女性クライアントさんを健康な身体に導いてあげることでした。

そして、健康な身体に導いた先には「ダイエットを成功させて彼氏と結婚する」という彼女の想いがあることを思い出したのです。

よくよくフィットネストレーナーの仕事をしていた時のことを思い出してみると、ダイエットをしにくるクライアントさんはただ痩せたいだけでなくて、「結婚式が控えているからお気に入りのウエディングドレスを着れるようになりたい」「昔、着ていた洋服をもう一度着れるようになって10年ぶりに旦那さんとデートしたい」など、ダイエットに成功したその先の想いがあるのです。

これと同じことが治療にも言えるといまさらながら気付いたのです。

そのことに気付いた私はそれからは患者さまの症状を改善させるのはもちろんのこと、症状を改善して何がしたいのか?、症状が出ることで何に困っているのか?をしっかりと聞くようにし、症状だけでなく患者さま自身に目を向けて治療をするようにしました。

また、「普段、どんな姿勢で仕事をしているのか?」「症状以外にどんなことに悩んでいるのか?」「ちゃんとご飯を食べているのか?」「しっかりと眠れているか?」と、患者さまの生活習慣について追究することで症状や患者さま自身の本質が見えてくるようになりました。

東洋医学の世界では「食事」「睡眠」「大小便などの生理機能」がしっかりと働いていれば病気にならず、仮に病気になったとしても自分自身の身体の治癒力が働き、病気を治してくれると考えてられています。

そのことをしっかりと考慮し生活習慣を含めて患者さん自身を改善させることを意識したことで根本から症状を解決することができるようになりました。

鍼灸師になって5年経ちましたが、ここに来てやっと自分の目指す鍼灸師に一歩近づけたと思います。


あまね鍼灸院へ

小島はり・きゅう院を開業してから3年が経ち、しっかりと自分の理想を持って治療ができるようになったことや、女性の患者さまが増えたこともあり、院内のイメージや院名を変えて治療院をリニューアルをすることに決めました。

旧院名の小島はり・きゅう院は覚えやすいという単純な理由で付けた名前でしたが何か意味を持った治療院名にしたいと思ったのです。

そこで思いついたのが「あまね鍼灸院」でした。

あまね鍼灸院の「あまね」は私の名前の読み方を変えたものです。

東洋医学の勉強は古典を読むことがあり、その際に漢字辞典を引きますが漢字には一字一字に意味があります。

私の名前は「周」と書いて「まこと」と読みますが、「周」の字は本来、「あまねく」と読み、この漢字一字には「すみずみまで行き届く」という意味があります。

東洋医学は気血が身体のすみずみまで流れることで健康でいられるという考えがあり、「あまね鍼灸院」には「気血がからだのすみずみまで行き届くような施術をする」「患者さまが気づかないような小さな変化に気づき、患者さまの手の届かないようなすみずみまでケアできるようにサポートをする」という想いを込めています。

あまね鍼灸院に生まれ変わり数多くの患者さんからも支持されるようになりましたが鍼灸師として終わりはありません。

これからも症状だけ診るのではなく「患者さん自身を診る」という信念のもと一人でも多くの患者さんが笑顔で健やかな毎日が過ごせるように日々、精進していきます。

0463-26-7332
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP