院長ブログ

夏の日差しに負けちゃうお肌にしていませんか?

こんにちは。
平塚市の鍼灸院「あまね鍼灸院」の小島です。

梅雨に入りムシムシとした湿気と暑さが鬱陶しい季節になりましたね。
ムシムシと暑い夜には冷たいビールが美味しい!と胃腸を冷やしたり肝臓に負担をかけたりしていませんか?

もし、胃腸や肝臓に負担をかけているのでしたら、これからの季節を過ごすのが大変なお肌になってしまうかもしれませんよ。

お肌と胃腸って関係ないんじゃないの?と思うかもしれませんが胃腸が弱るとお肌を作る栄養素であるタンパク質がうまく分解吸収できなくなってしまいますし、肝臓の働きが弱ると毒素の排出が難しくなるのでお顔のくすみの原因になります。また内臓が弱ってくると全体的に免疫力が落ちるので紫外線からお肌を守るバリア機能も衰えてしまいます。

紫外線は老化を促進させるということはご存じだと思いますが内臓が弱っているとお肌の状態が悪くなることは意外と知られていません。しかし東洋医学では3000年も前から内臓の疲れは顔に反映されると言われていて血色の良い綺麗なお顔になるためには内臓の疲れを取り除くのが良いとされてきました。

もう、すでに胃腸をキンキンに冷やしてお肌も内臓も弱ってしまっているという方は今からでも遅くはありません。身体の機能を回復させて紫外線に負けないお肌作りをしませんか?

当院では7月31日まで、"身体の中から綺麗になれる"美容鍼灸施術を30%OFFで受けて頂けるキャンペーンを実施中です。

美容鍼に関する詳しい情報はこちらからご覧いただけます。

ぜひ、この機会にお顔だけではなく身体の中から元気になって夏の紫外線に負けないようなお肌を手に入れてください。