院長ブログ

身体が重いのは湿気のせい!?

こんにちは。
平塚市の鍼灸院「あまね鍼灸院」の小島です。

すっかり梅雨入りしてどんよりとした天気が続いていますがあなたの身体と心もどんよりと重たくなっていませんか?

特別に何かをしたわけではないのに、

「身体がずっしりと重くて朝、起きるのがつらい」
「腰や足が重だるくて夕方くらいになるとむくむ」
「特に痛めるようなことをしていないのに関節が痛い」
「昨日食べたものが残っていて胃が重くて食欲がない」
「なんだか最近良く下痢になる」

といった身体の不調を感じやすくなっていたら、それは湿気のせいかもしれませんよ。

東洋医学では気候の変化に耐えられなくなると体内で邪気に変化して身体に様々な症状を起こすとされています。

中でも梅雨の時期には湿気が多く、湿気が身体の中に入りこんで湿邪(しつじゃ)になってしまうと上記のような症状が出やすくなります。

なんで、湿気のせいで身体の調子が悪くなるの?と思うかもしれませんが湿気が湿邪に変わるとこのような特徴を持つからです。

まず湿邪の一番の特徴は停滞するということです。湿気が身体の中に入り込み湿邪になってしまうとと気(活動に必要なエネルギー)や血が流れている通り道に留まってしまうので身体が重く感じるようになります。また湿邪が関節の部分で留まってしまうと関節痛を起こします。

さらに湿邪は水分でもあるため身体がむくみやすくなったり身体を冷やしたりもします。そのため顔や足がむくんでだるい、手足やお腹が冷たいと言った症状が起こります。

そして、厄介なことに湿邪は脾臓という消化をコントロールする内臓を集中的に攻撃するという特徴を持っているため胃腸の機能が低下して、胃もたれ、腹痛、下痢なども起こるのです。

そんな嫌な特性をもつ湿邪ですが身体の中に入った湿気を邪気にしなければこのような悪さもしません。湿気を湿邪にしないためには次のようなことをして体調を整えておくと良いですよ。

①適度な汗をかく

湿気は水分でもありますので身体に余計な水分が溜まらないように汗として出してあげましょう。
ただし、過剰な運動で消耗するくらい汗をかいてしまうと逆効果になってしまいますのでやりすぎには注意です。
ウォーキングやお風呂につかって軽く汗をかくのがオススメです。

②食事を控えて胃腸を休ませる

湿邪がまっさき狙うのは胃腸をコントロールする脾臓です。
そのため胃腸が弱っていると恰好の的とされてしまいます。現代人は食べ過ぎの傾向があるため適度な空腹状態を作って胃腸を休めてあげましょう。おじややうどんなど温かい消化の良いものを食べるのがオススメです。

③身体を冷やしすぎない

身体を冷やしてしまうと血の巡りが悪くなるので胃腸や脾臓の働きが低下します。また身体が冷えると汗もかきにくくなるので結果として湿邪が溜まりやすい環境を作ってしまいます。特にアイスやビールなど冷たいものや甘いもは胃腸を疲れさせてしまうだけでなく冷えの原因にもなるので控えるようにしましょう。

東洋医学では今日、紹介した湿邪を含めて6つの邪気が存在します。
しかし、どの邪気も疲労や不摂生により身体が弱っていなければ身体の中で悪さをすることができません。

そのため常日頃から、良く寝て、きちんとした栄養を摂って、ストレス発散させて、身体が良い状態になるようにすることが大事です。

この記事を読んで湿邪にやられたみたいなんだけどと思った方は自分の生活習慣を見直してみてください。