顔の痛み(三叉神経痛)でお悩みの方へ

このような場所に痛みを抱えて困っていませんか?

顔面痛の図

当院に来院される顔の痛み(三叉神経痛)の方は、このような場所に痛みが出ていることがほとんどです。

来院される顔の痛み(三叉神経痛)でお困りの方は、

  • 朝から頭が痛くて仕事を休みがちになってしまう。
  • 一日中、締め付けられるような痛みで家事ができず横になっている。
  • 仕事が終わるとこめかみの辺りがズキズキと痛み出して夕食が楽しめない。
  • 目の奥が痛む感じがして気持ちが悪く吐きたくなる。
  • 夜、寝ていても頭痛で目が覚めてしまい寝た気がしない。

と言ったように痛みだけでなく日常生活に支障がでてしまっていることが多いです。

また、このような顔の痛み(三叉神経痛に悩まされている方は以下のような原因を抱えていることが多く、これらの原因をしっかりと解決することで顔の痛み(三叉神経痛)を改善することができます。

なかなか良くならない顔の痛み(三叉神経痛)の原因とは…?

①風や寒さによる顔の痛み(三叉神経痛)

顔の痛み(三叉神経痛)で多くみられるのが顔を冷やしてしまったことによるものです。寒い日に自転車でツーリングをしたりジョギングをしたりすると冷たい風が顔に当たり続けますがその際に顔が冷えきってしまと気や血の巡りが悪くなってしまいます。その結果、顔を巡る気や血が滞り顔の痛み(三叉神経痛)を起こします。

②精神的ストレスによる顔の痛み(三叉神経痛)

仕事や人間関係など嫌なことが続くとストレスが溜まりますが東洋医学では悩み事でイライラが続くと顔に気や血が上がってくるとされています。本来、気や血は全身を巡っていますがイライラが度を過ぎると頭に上がった気や血が留まってしまい、その結果、顔の痛み(三叉神経痛)が起こります。

③食事の不摂生による顔の痛み(三叉神経痛)

暴飲暴食や必要以上の食事を続けると余分に余ってしまった栄養が滞り気や血の流れが悪くなってしまいます。胃に気を巡らす経路は顔につながっているため、気や血が滞ると顔の痛み(三叉神経痛)を起こします。

また、東洋医学では辛い物を偏食していると胃に熱を産み、その熱が気を巡らす経路を通り顔にのぼっていって痛みを起こすと言われているため辛い物を良く食べる方は要注意です。

当院ではこのような施術を行い顔の痛み(三叉神経痛)を改善させています。

①顔の痛み(三叉神経痛)の原因をしっかりと探り出すカウンセリング

顔の痛み(三叉神経痛)と言っても人により痛む場所や原因が異なります。
特にいつまでも顔の痛み(三叉神経痛)が治らない方は今まで何気なく行ってきた生活習慣や環境に原因があることがほとんどです。そのため当院ではカウンセリングをしっかりと行い患者さまの生活習慣や悩み事など細かなお話を聞かせて頂いております。

②身体のバランスを整えて根本から顔の痛み(三叉神経痛)を改善

鍼灸の世界では身体(五臓六腑:ごぞうろっぷと呼ばれる内臓)のバランスが崩れていると身体の機能が正常に働かなくなり病気を始め痛みや痺れなど様々な不調を起こすと言われています。そのため身体のバランスを整えることが顔の痛み(三叉神経痛)を根本的に改善させるために重要なこととなります。
五臓六腑の働きが正常になり身体のバランスが整うことで身体の機能がしっかりと働くようになるため自然治癒力や免疫力が高まり顔の痛み(三叉神経痛)が改善されやすくなります。

③顔の痛み(三叉神経痛)に効果の高いツボを選んで症状を改善

顔、お腹などにある顔の痛み(三叉神経痛)に効果的なツボを使い顔の痛み(三叉神経痛)を改善させます。
顔の痛み(三叉神経痛)に効くツボはいくつかありますが、カウンセリングをしっかり行いあなたに合ったツボを選んで施術をします。
そうすることで鍼をする箇所が少なくなり、余計な負担をかけることなく施術を受けて頂けます。

当院の施術で顔の痛み(三叉神経痛)を改善した患者さまの声をお聞きください

働きすぎや睡眠不足は良くないのだと改めて思いました。

男性

大磯町 A.Hさん 男性 40代

症状:顔の右が痛む

数ヶ月前から原因不明の顔の痛みに悩まされていました。
病院で検査を受けましたが異常は見当たらず困っていたところこちらの鍼灸院を見つけました。
先生が言うには疲労とストレスが原因で痛みが出ることがあるとのことでした。
治療は痛くもなく終わります。最初の数回は本当に効果があるのかと思いましたが数日すると痛みが減ってくる感じです。
ストレスで胃が痛くなった経験はありますが顔まで痛くなるとは思いもしなかったので先生の言うように働きすぎや睡眠不足は良くないのだと改めて思いました。

※個人の感想であり施術効果を保証するものではありません。


平塚・秦野・伊勢原市にお住まいで、
顔の痛み(三叉神経痛)が治らないとお困りの方はご相談ください。

迷っているだけではあなたの悩みは解決しません。

院長写真もし、あなたが本当に根本からつらい顔の痛み(三叉神経痛)を改善したいと思っているのであれば、思い切って私に託して頂けないでしょうか?

痛み止めに頼っていても顔の痛み(三叉神経痛)からは抜け出せません。

痛み止めは「痛みを抑える」ことが目的であり、顔の痛み(三叉神経痛)の原因を改善するものではありません。かえってを痛みを感じないのをいいことに無理をして余計に治りにくくするだけです。

本当に顔の痛み(三叉神経痛)から解放されたいのであれば、「なぜ、顔の痛み(三叉神経痛)が起きているのか?」という原因を知り改善させなくてはなりません。
顔の痛み(三叉神経痛)をはじめつらい症状が長く続いている方は長年の生活習慣や環境が原因であることがほとんどです。

是非、当院で自分の身体を見つめ直し顔の痛み(三叉神経痛)から解放されて、あなたらしい毎日を過ごせるようになりましょう。

院長 小島 周

0463-26-7332
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP