ぎっくり腰でお悩みの方へ

ぎっくり腰の女性

鍼灸施術で腰を動かしても痛くないからだになりませんか?

あなたはこのようなことでお困りではありませんか?

  • 朝、起き上がろうとしたら腰に激痛が走り起き上がれなくなってしまった。
  • 仕事中に重いものを持ち上げたら腰に痛みが走りそのまま動けなくなった。
  • 靴下やズボンを履こうとしたら急に腰が痛み立ち上がれなくなってしまった。
  • 家事や子供の世話ができないので少しでも早く良くなりたい。
  • 毎年、同じような時期にぎっくり腰になってしまうので何とかしたい。
  • 二度とぎっくり腰にならないようにと思いながら何度もぎっくり腰になっている。

もしも、このようなことでお困りであれば当院の鍼灸施術でぎっくり腰の原因を把握し根本から改善するサポートさせて頂きます。

痛み止めや湿布ではぎっくり腰を根本から改善させることはできません。

ぎっくり腰は放っておいても1週間から10日程で痛みは自然と改善していくケースが多いですが、何よりも「家事や子供の世話、仕事ができなくなる」ことが問題になります。

そのため少しでも早く何とかしようとして痛み止めや湿布でごまかしながら仕事に行ったりする方は多いですがそれではぎっくり腰の治りを悪くするだけです。また、一度ぎっくり腰になった後に何度もぎっくり腰を繰り返している場合は表面的にしか改善されてない可能性があります。

もし、あなたが年に何回もぎっくり腰になったり、毎年同じ時期にぎっくり腰になる場合はぎっくり腰の原因がきちんと改善されていないかもしれません。

一般的に急に腰に痛みが出るものをぎっくり腰と言いますが実はぎっくり腰にも種類や原因があり対処の仕方や回復に必要な時間が異ります。

ぜひ、当院でぎっくり腰の原因をきちんと把握し根本からしっかりと改善し、ぎっくり腰にならないからだ作りをしていきましょう。

実は1つではないぎっくり腰の種類

①筋性防御反応によるもの
急な刺激から腰の骨(腰椎)を守ろうとして腰周囲の筋肉が必要以上に固くなってしまった状態です。
いわゆる一般の方が想像しているもので重いものを持つなど急激に腰に負担をかけたために起こります。激痛により姿勢を変えたり歩いたりするもの困難な状態になります。固くなった筋肉がほぐれると痛みもかなり改善されて体勢を変えたり歩くけるようになります。
②慢性腰痛の限界を超えてしまったもの
もともと腰の重だるさや鈍い痛みがずっとある慢性腰痛の状態が悪化したところに何らかの刺激が加わり急な痛みを感じるようになった状態です。くしゃみをしたり椅子に座ろうと思った瞬間など何気ない動作から起こることが多いです。動けないほどの激痛ではないものの根本的な原因が慢性腰痛にあるため再発しやすく改善に時間がかかる場合もあります。
③圧迫骨折などの骨の異常
骨が弱くなっている老人や接触プレーの多いスポーツをしている方の怪我などによって起こります。骨折や骨の変形が原因のため、まずは医療機関を受診しましょう。
④内臓系の病気によるもの
ぎっくり腰の中には腎臓や大腸などの病気によるものもあります。動かなくても腰に激痛が走ったりお腹が痛むなど他の症状が出ている場合は要注意です。

ぎっくり腰の原因とは・・・?

①腰の捻挫
関節に過剰な負担がかかってしまい腫れや痛みなどの炎症症状を起こすことを捻挫と言いますが、それが腰の骨(腰椎)に起きるとぎっくり腰となります。腰の関節は足首等よりも小さいため腫れることは滅多にありませんが腰に熱ぼったくなり痛みを生じます。関節にかかった負担が強ければ強いほど痛みも激しくなります。
②慢性腰痛の悪化
腰の重だるさや鈍い痛みがずっと続くような慢性腰痛が悪化して炎症を起こした状態です。捻挫に比べると炎症症状が軽いため激痛を伴うことありませんがじっとしていてもズキズキした痛みが続き、動かすと痛みが強くなります。
③冷え
東洋医学では急激にからだを冷やすことは腰から足にかけて強い痛みを起こすと考えられています。また冷えにより血の流れが悪くなることで筋肉の疲労がたまりやすくなり慢性腰痛の原因につながります。冷えによるぎっくり腰は春先や秋口など気温の寒暖差が激しい日によく起こります。

あまね鍼灸院ではぎっくり腰を根本から改善させるためにこのような施術を行っています。

①筋肉の緊張を緩めて血流を改善させる

ぎっくり腰で一番多い原因は筋肉が固くなりすぎたことです。

固くなった筋肉を緩めて血流を改善させることで痛みの緩和や動きの制限を改善しぎっくり腰から早く回復しやすいからだへ導きます。

②ぎっくり腰に効果のあるツボを使って症状を緩和させる

足や腰にあるぎっくり腰に効果の高いツボを患者さまの症状に合わせて使い分けていきます。

ぎっくり腰に効果のあるツボはいくつかありますが、問診や検査により患者さまに合うツボを選びます。

③ぎっくり腰の原因にあわせた症状に効果のあるツボを使って根本から改善

上記に記載した不眠症の原因に対してアプローチをしていきます。

例えばぎっくり腰の原因が冷えからくる痛みであれば、冷えに効果のあるツボを使って施術を行い痛みを軽減していきます。

ぎっくり腰による鍼灸施術の治療ペース

鍼灸施術は症状が激しく急性の物は比較的早く改善する傾向にあり、症状は激しくないものの嫌な感じが長く続くような慢性のものは改善に時間を要します。

ぎっくり腰の場合、患者さまの症状により異なりますが、

発症が当日ないし3日以内であれば1週間以内に2~3回の施術
慢性的腰痛が原因なものは1週間以内に2~3回の施術を受けて頂いたのち5日に1回のペースで施術を1月間

受けて頂くのが理想的です。

その後は症状の改善や経過により10日、2週間に1回と施術頻度を少なくしていきます。

また治療期間中は症状の改善や様子に合わせて治療ペースを変えていき、患者さまに適した通院ペースをご提示しておりますが予約の強制はしておりませんのでご安心ください。

平塚・秦野・伊勢原市にお住まいで痛くて動けないぎっくり腰でお困りの方はご相談ください。

病院や整骨院に行ってみたけど痛みが全然良くならないとお困りの方は、もしかするとぎっくり腰の原因に対するアプローチが間違っているのかもしれません。

もし、あなたが「できるだけ早くぎっくり腰を良くしたい」「ちゃんとぎっくり腰を治したい」とお困りであれば当院へご相談ください。

当院では「病院」「整骨院」「整体・カイロ」「一般的な鍼灸院」と異なり症状だけに目を向けずにあなたのからだ全体を診ることで根本から不眠症を改善に導いています。

ぎっくり腰が改善されたら、あなたは何がしたいですか?

是非、私にあなたが想う未来を叶えられるようにサポートさせてください。

院長 小島 周

0463-26-7332
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP