逆流性食道炎でお悩みの方へ

あなたはこのようなことでお困りではありませんか?

逆流性食道炎の女性

当院へ来院される逆流性食道炎でお困りの方は、

  • 食べると胸がムカムカして気持ち悪くなるので美味しくご飯を食べられない。
  • 毎朝、歯磨きしているとオエッとなって吐きそうになるのがつらい。
  • 食べ物の匂いで気持ちが悪くなるのでご飯を作りたくない。
  • 友人や家族と外食に行くとつらいのに食べないと悪いと思って食べては後悔してしまう。
  • 人前でゲップが出てしまうかと考えると営業に行くのが怖い。

と言ったように、ただ、つらい、気持ちが悪いだけではなくて家事や仕事など日常生活に支障がでてしまっていることが多いです。そして、そのつらい症状がいつまでも続くと食事や友人とのお出かけなど普段の生活が楽しめなくなってしまいます。

まずは実際に当院に来られた患者さまの声をお聞きください。

鍼がこういう症状に効くと知らなかったので、知っていたらもっと早く来てたと思います。

女性C

伊勢原市 R.Hさん 女性 40代 パート

症状:胸焼け・胸のつかえ感

喉のつかえる感じが続き朝起きると吐きそうになって気持ち悪くて病院へ行ったら逆流性食道炎と言われました。

薬をもらい飲んでいましたが、良くなる気配がなく食欲もなくなりご飯を作るだけでも胸焼けをするようになってしまい悩んでいた時に友人からの紹介で来院しました。

鍼は受けたことがありあますが前に受けたものよりも全然痛くなく、刺されている感じがせず治療の後は胸がスッとしました。

今はおかげさまで吐き気もなく普通に生活しています。
鍼がこういう症状に効くと知らなかったので、知っていたらもっと早く来てたと思います。

※個人の感想であり施術効果を保証するものではありません。

自然とご飯も食べられるようになってきて久しぶりに友人とご飯にも行けました。

女性B

秦野市 R.Hさん 女性 30代 会社員

症状:ご飯が食べられない・ゲップがでる

2か月前からご飯を食べた後、食べたものが上にあがってきて気持ち悪くて仕方がありませんでした。

胃腸科の病院にいったら、検査もされずにお薬を出されたのですが飲んでいれば治ると思って1か月近く飲み続けていました。それでも良くならずにご飯を食べる気がしないし、友人からのお誘いも断るようになって食事するのがつらくなっていました。

なんとかしたいと思って検索していたら、あまね鍼灸院さんを見つけて、内容を読んでここなら何とかしてくれそうと思いました。

針をしてもらうとお腹がグーッとなり始めていつもあったもたれ感が軽くなりました。お話もしっかりと聞いてくれるので安心できます。
1か月くらい通い続けているうちに自然とご飯も食べられるようになってきて久しぶりに友人とご飯にも行けました。

先生の話が面白くて勉強になります。今後ともよろしくお願いします。

※個人の感想であり施術効果を保証するものではありません。

お灸をしてもらうと胸がスッと楽になります。

女の子A

平塚市 Tさん 女性 24歳 会社員

症状:胸焼け・息苦しさ

会社でのストレスのせいなのか胸が苦しくなることが多く、ご飯を食べると気持ちが悪くなるようになりました。
最初は付き合いで飲み過ぎたのかと思っていたのですが、毎日のように息苦しさが続くので仕事に行くのも嫌になってきてしまいました。

市販の薬を飲んでも治らずに仕事も休めず病院に行くことができないので、他の手段を探していたら鍼が効くとあったので遅い時間までやっているところを探して見つけたのがあまね鍼灸院でした。

鍼は初めてなのと普通の家だったので不安な部分もありましたが、先生がとても丁寧だったので安心して通えました。
治療は思っていたのと違い痛くはありませんでした。特にお灸が良かったのかお灸をしてもらうと胸がスッと楽になります。ご飯を食べてもムカムカするようなことはなくなり良かったです。

先生の話も面白いしレトロな雰囲気のお部屋は癒されます。

※個人の感想であり施術効果を保証するものではありません。

もし、あなたが彼女たちと同じように逆流性食道炎で嫌な思いをしているのでしたら当院で不調になる前以上に家事や育児、お仕事を楽しめるようになりませんか?

お薬に頼っていても逆流性食道炎のつらさから解放されません。

現代医学では逆流性食道炎には胃酸を抑える薬をだすケースがほとんどですがそれは逆流性食道炎の原因を治すものではありません。胃液が出やすくなっている原因を改善させなくてはいつまで経っても症状は治りません。また、お薬には必ず何らかの副作用があり飲み続けることで他の症状が出てしまうことが多々あります。

そして、その副作用に対してもお薬が処方されるという負のループに入ってしまい結局、薬に頼ることになってしまいます。

本当の意味で逆流性食道炎から解放されるには薬に頼らずにあなた自身の身体のバランスを整えることが重要です。

あまね鍼灸院の“身体のバランスを整える”鍼灸施術とは?

「身体のバランスを整える」って整体やカイロでもそのようなことを聞くけど同じではないの?

と思うかもしれませんが、当院で言う身体のバランスを整えると言うのは、筋肉や骨格のバランスではな「五臓六腑(ごぞうろっぷ)」と呼ばれる内臓のバランスを整えることを言います。

当院では東洋医学をもとに施術を行っていますが、東洋医学では肝臓や胃腸などの内臓がバランスを取ることで健康な状態を保っていると考えています。つまり逆流性食道炎を始め身体に不調が起こるということはどこかしらの内臓の働きが衰えたり過剰に働きすぎたりしてバランスを崩してしまった状態だからです。

そのため崩れてしまった内臓のバランスを正常の状態に戻すことが逆流性食道炎の根本的な改善につながります。

また逆流性食道炎に悩まされている方は以下のような原因を抱えていることが多く、これらの原因をしっかりと解決することで逆流性食道炎を改善することができます。

東洋医学から診た逆流性食道炎の原因とは…?

①精神的ストレスによる逆流性食道炎

仕事や人間関係など嫌なことが続くとストレスが溜まりますが悩み事が続くと胃腸の働きが低下したり、逆に胃腸の働きが過剰になってしまったりします。

その結果、胃液がでやすくなり胸焼けやゲップなど逆流性食道炎の症状が起こります。

②暴飲飲食による逆流性食道炎

お酒や辛い物、油ものなど好んで食べていたり、自分の許容量を超えた食事をしていると胃腸を刺激してしまい、胃液がたくさん出やすくなってしまいます。

その状態を続けると胃腸は常に胃酸をたくさん出すようになってしまい逆流性食道炎を起こします。

③加齢や姿勢による逆流性食道炎

歳をとると胃の入り口の閉りが緩くなってしまうため胃酸が逆流しやすくなります。さらに胃腸の働きも弱るため消化がしづらくなるため、ちょっと食べ過ぎてしまうと胸焼けや食べたものが上がってきやすくなり逆流性食道炎になります。

また、背中が丸まってしまうと胃を圧迫しやすくなるため逆流性食道炎になりやすくなります。若い方でも椅子に座りっぱなしの仕事をしていたり極端に姿勢が悪い方にも見受けられます。

当院ではこのような施術を行い逆流性食道炎を改善させています。

①逆流性食道炎の原因をしっかりと探り出すカウンセリング

逆流性食道炎と言っても人により原因が異なります。
特にいつまでも逆流性食道炎が治らない方は今まで何気なく行ってきた生活習慣や上記のような原因があることがほとんどです。そのため当院ではカウンセリングをしっかりと行い患者さまの生活習慣や悩み事など細かなお話を聞かせて頂いております。

②身体のバランスを整えて根本から逆流性食道炎を改善

上記のように東洋医学の世界では身体(五臓六腑:ごぞうろっぷと呼ばれる内臓)のバランスが崩れていると身体の機能が正常に働かなくなり病気を始め痛みや痺れなど様々な不調を起こすと言われています。そのため五臓六腑のバランスを整えることが逆流性食道炎を根本から改善させるために大事なこととなります。

五臓六腑のバランスが整うことで身体の機能がしっかりと働くようになるため自然治癒力や免疫力が高まり逆流性食道炎が改善されやすくなります。

③逆流性食道炎に効果の高いツボを選んで症状を緩和

足や背中などにある逆流性食道炎に効果的なツボを使い生理痛を緩和させます。

逆流性食道炎に効くツボはいくつかありますが、カウンセリングをしっかり行いあなたに合ったツボを選んで施術をします。

そうすることで鍼をする箇所が少なくなり、余計な負担をかけることなく施術を受けて頂けます。


平塚・秦野・伊勢原市にお住まいで、
逆流性食道炎が治らないとお困りの方はご相談ください。

迷っているだけではあなたの悩みは解決しません。

院長写真もし、あなたが本当に根本からつらい生理痛を改善したいと思っているのであれば、思い切って私に託して頂けないでしょうか?

胃酸を抑えるお薬に頼っていても逆流性食道炎からは抜け出せません。

胃酸を抑えるお薬はその名の通り「胃酸を抑える」ことが目的であり、逆流性食道炎の原因を改善するものではありません。

本当に逆流性食道炎から解放されたいのであれば、「なぜ、逆流性食道炎が起きているのか?」という原因を知り改善させなくてはなりません。

逆流性食道炎をはじめつらい症状が長く続いている方は長年の生活習慣や環境が原因であることがほとんどです。

是非、当院で自分の身体を見つめ直し逆流性食道炎から解放されて、あなたらしい毎日を過ごせるようになりませんか?

院長 小島 周

0463-26-7332
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP