膝の痛み・腫れでお悩みの方

膝の痛い女性階段の昇り降りがつらい膝の痛みでお悩みの方へ

根本的な原因を取り除く鍼灸施術で階段を楽に昇り降りできるからだになりませんか?

あなたはこのようなことでお困りではありませんか?

  • 階段を昇ったり降りたりする際に膝が痛むので一歩ずつしか進めない。
  • 旅行や買い物先の和式トイレでしゃがむのがきつい。
  • あぐらの体勢を取り続けると膝が痛むため和室の生活が大変。
  • 床や椅子に座っている状態から立ち上がるのがつらい。
  • 趣味のランニングや山登りができないので何とかしたい。
  • 長時間歩けないのでショッピングや旅行が楽しめない。

もしも、このようなことでお困りであれば当院の鍼灸施術で膝の痛みが気にならないからだになるサポートができます。

膝の水を抜いても膝の痛みは根本的な改善にはなりません。

なぜ、何度も水を抜いても膝に水が溜まってしまうのか?

それは水を出す原因が改善されていないからです。

膝に水が溜まってしまって病院で抜いてもらったら、また水が溜まってしまった・・・という経験はありませんか?

膝の水は関節液と言って膝の関節を包む袋の中を満たして軟骨に栄養を与えたり関節の動きを良くしたりする役割があり常にリンパ管を通って常にからだに吸収されるようにできています。しかし、靭帯が傷ついたり、軟骨が磨り減ったりすると炎症が起こり、これを治めようといつも以上に関節液をたくさん出すため膝が腫れて押すとブヨブヨとした状態になります。これがいわゆる「膝に水が溜まった」状態です。

炎症とは傷がついた時にできる治癒反応のことで、膝に水が溜まるということは膝関節に何らかの傷がついたと考えられます。そのため、その傷ついた部分を回復させないことには、水は抜いても抜いても出てきてしまうのです。

膝痛の原因には様々なものがありますが一般的に多いものは以下のようなものがあげられます。

若い方でも油断できない膝の痛み原因とは・・・?

①加齢や筋力低下による膝関節の変形
膝の痛みで最も多いものが筋力不足によるものか加齢による膝関節の変形や軟骨が磨り減ってしまったことによるものです。
加齢や運動不足による太ももや内ももの筋力の低下は膝に負担をかけやすくなり、変形性質関節症を起こします。変形性質関節症はO脚型とX(エックス)脚型があり、O脚(がに股)では膝の内側、X脚(内股)では膝の外側に痛みや腫れを伴います。
一度、関節が変形してしまうと治すのが困難になってしまうため衰えた筋肉をトレーニングするなどして関節が変形しないようにするのが大事です。
②体重増加による関節への負担
歩くだけで膝には体重の約3倍ほどの負荷がかかり、階段の昇り降りでは6~7倍の負荷がかかると言われています。1kg体重が増えるたびにあなたの膝にかかる負荷は3kgずつ増えていきます。体重が増えるたびにそれだけ膝にかかる負荷は大きくなり、結果として慢性的に炎症を起こしたり、膝の変形につながります。そのため膝の負担を減らすことを目的に体重を減らすことが必要がです。
③歩きすぎなどのオーバーワーク
久しぶりの旅行やショッピングで時間を忘れて歩きすぎてしまったり、スポーツに夢中になってしまった後などに起こります。
いわゆる「膝の使い過ぎ」で膝関節や太ももなどの筋肉が炎症を起こしてしまったものです。ひどい場合は膝が腫れることもあります。
④骨盤のバランスの崩れや癖によるもの
特に左右の骨盤のずれは足の長さが不均等になり右足がO脚なのに左足はX脚になるなどし、膝の痛みが左右で違ったところに出るなどします。テニスやゴルフなど同じ姿勢で行うスポーツをしていたり、足を組む癖がある、外反母趾や偏平足が原因で起こることが多いです。
⑤冷え
膝の痛みの原因は筋肉や骨に原因があることが多いですが、それ以外にも冷えによるものがあります。
冷えは血液の巡りを悪くします。血液は栄養を運んだり、溜まった老廃物を流す働きがあるため下半身が冷えると筋肉に溜まった老廃物をうまく流すことができずに膝に痛みを起こします。病院で検査をしても筋肉や骨に問題のない場合は冷えによる痛みが多いです。

当院ではこのようなことを踏まえて膝の痛みを根本から改善させるため膝痛の原因を探し適切なアプローチをしています。

あまね鍼灸院では膝の痛みを根本から改善させるためにこのような施術を行っています。

①筋肉の緊張を解いて血流を改善させる

太ももやふくらはぎの筋肉の緊張を取り除くことで押しつぶされていた毛細血管にしっかりと血液が巡るようにしていきます。
筋肉の緊張は日常生活や癖により個人差がありますので問診や検査から得た情報を元にあなたに合わせて鍼やお灸をします。

②膝の痛みに効果のあるツボを使って症状を緩和させる

太ももの前や後ろ、ふくらはぎにある膝の痛みに効果の高いツボを患者さまの症状に合わせて使い分けていきます。

膝の痛みに効果のあるツボはいくつかありますが、問診や検査により患者さまに合うツボを選びます。

③膝の痛みの原因にあわせた症状に効果のあるツボを使って根本から改善

上記に記載した膝の痛みの原因に対してアプローチをしていきます。

例えば膝痛の原因が冷えによるものであれば、冷えを取り除くのに効果的なツボを使って施術をします。
また、筋力不足や肥満が原因のものは簡単な体操や減量に必要な食事のアドバイスをしております。

当院の施術を受けて頂いた患者さんの声

先生の治療のお蔭で徐々に良くなってきています。

患者様の声22

平塚市 S.Fさん 女性 70代

症状:膝の腫れ・足の浮腫み・腰痛

以前から下腹部~脚にかけての痛みと痺れ、腰が伸びなくて辛さがあり、病院で血液検査とレントゲンを撮りましたが特に異常なしで経過観察でした。

内科と整形に通院していても症状は緩和されず痛みを我慢する毎日でしたが、丁度娘が当院に通っていたので半ば強引ではありましたが今年の4月から受診しています。

受診初日は自分では実感ないですが家に帰ると主人が背すじがスッと伸びている私の姿に驚いていました。

現在、受診から約3ヶ月目に入り、少しずつではありますが自分でも身体の変化に気づく様になっています。

今まではあおむけで寝る事が出来ない位、右腰に痛みがありましたが施術から1カ月位経ってからあおむけで寝る事が出来る様になりました。膝の腫れや足の浮腫みも先生の治療のお蔭で徐々に良くなってきています。

今後も引続きお世話になります。
宜しくお願いします。

院長より一言

変形性漆関節症から膝の軟骨が磨り減ってしまい、膝が腫れあがり整形外科の先生から手術を勧めれた患者さまです。

定期的に整形外科に通っているのですが、特に何もしてくれず数回に1回、膝の水を抜いていました。

年齢的なものもあり、治らないとあきらめていたようですが他の症状の腰痛がひどくなり、娘さんに連れられて当院へ来られたので膝も一緒に治療することにしました。

娘さん曰く最初は「どうせ良くならないだろう」くらい否定的だったと言っていましたが今では定期的に来られていて、膝の腫れはなくなりました。また、最初は施術後の変化に気づかないくらい自身のからだに興味がありませんでしたが、施術を続けているうちに自分自身のからだの変化に気づくようになってきました。

定期的に施術を受けて頂くようになってからは膝に水が溜まることもなくなり、熱ぼったさも引いていますのでこれ以上悪化しないように施術を続けています。


膝の痛みによる鍼灸施術の治療ペース

鍼灸施術は症状が激しく急性の物は比較的早く改善する傾向にあり、症状は激しくないものの嫌な感じが長く続くような慢性のものは改善に時間を要します。

膝の痛みの場合、患者さまの症状により異なりますが、

発症が早く比較的軽めのものであれば週に1回のペースで1ヶ月間
慢性的(症状が1ヶ月以上も続く)なものは週に1〜2回の施術を1〜3ヶ月間

受けて頂くのが理想的です。

その後は症状の改善や経過により10日、2週間に1回と施術頻度を少なくしていきます。

また治療期間中は症状の改善や様子に合わせて治療ペースを変えていき、患者さまに適した通院ペースをご提示しておりますが予約の強制はしておりませんのでご安心ください。

平塚・秦野・伊勢原市にお住まいで階段の昇り降りをすると膝が痛いとお困りの方はご相談ください。

整形外科に通っていても痛みや腫れが改善しなかったり、何度も膝の水を取るようになってしまい膝の痛みが全然良くならないとお困りの方は膝痛の原因に対するアプローチができてないのかもしれません。

もし、あなたが整形外科や整骨院に通っているけどで膝の痛みがなかなか改善せず、階段の昇り降りや歩くのが辛いとお困りであれば当院へご相談ください。

当院では「病院」「整骨院」「整体・カイロ」「一般的な鍼灸院」と異なり症状だけに目を向けずにあなたのからだ全体を診ることで根本から膝の痛みや腫れを改善に導いています。

膝の痛みが改善したら、あなたは何がしたいですか?

是非、私にあなたが想う未来を叶えられるようにサポートさせてください。

院長 小島 周

0463-26-7332
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP