首・肩の症状

四十肩・五十肩でお悩みの方へ

"このまま腕があがらなくなったら..."と不安に感じていませんか?

監修 はり師・きゅう師 小島 周

  • 着替える際に痛みが出て毎日、憂鬱...
  • 洗濯物を干したり、棚の上の物を取ることができない...
  • 駐車券を取るのに苦労している...
  • 夜、寝返りをうつたびに目が覚める...

五十肩は50歳前後に起こる肩の痛みや肩が上がらなくなる症状の俗称で、医学的には「肩関節周囲炎」と言います。

ある時、急に激痛が走るものもあれば、徐々に痛くなるものもあり、肩が冷えると痛みが強くなることが多いです。 夜になると痛みが強くなり、寝ていても痛くて目が覚めてしまうことがあるため日常生活に支障をきたします。

また、腕や肘にも痛みがでることもあります。

よく「四十肩と五十肩の違いは何ですか?」と聞かれますが、症状が起こる年代によって呼び名が違うだけです。

なぜ、五十肩になるのか?

五十肩の原因は、はっきりとは分かっておりませんが50代後半から起こるものは退行変性(たいこうへんせい:加齢による骨や軟骨の変形など)があげられます。また、転んで手をついたなどの外傷によって起こることもあります。

基本的には肩周りの炎症ですので、筋肉や靭帯、関節などに負荷がかかり過ぎたことが原因であると言われています。

五十肩の種類と改善傾向

1.筋肉に原因のある五十肩

肩甲骨から肩の骨に付く筋肉がこって、一時的に短縮しているだけなので肩関節そのものに問題があるわけではありません。

このような五十肩の場合は固まってしまっている筋肉を緩めてあげれば肩は動くようになり改善しやすい傾向にあります。

首や肩の凝り、猫背、巻き肩の姿勢が続くと肩周囲の筋肉に負担をかけてしまうため、このタイプの五十肩になりやすいです。

2.関節に原因のある五十肩

肩の関節は関節包という袋に包まれています。

この袋の中は潤滑油のようなものに満たされていて、肩がスムーズに動くようになっているのですが炎症が起こり関節包が固く部厚くなってしまうと関節を動かすためのスペースがなくなるため、肩が動かなくなります。

このタイプの五十肩に関しては老化が原因と言われていますが、本当のところは良く分かっておりません。

靭帯や関節内は血管が少なく栄養を送りにくいため、改善に時間がかかります。

3.石灰沈着性腱板炎

肩関節付近の筋肉と骨をつなぐ部分にカルシウム(石灰)が蓄積して起こります。石灰が蓄積すると肩を動かす際に骨とぶつかってしまうため動きに制限がでます。40~50代の女性に発症しやすく、夜間の激しい痛みから始まることが多いです。なぜ、カルシウムが蓄積してしまうのかは分かっておりません。

石灰を自然と吸収してくれれば放っておいても治りますが、固まってしまうと石灰を溶かす注射や外科的手術が必要になります。

五十肩のステージ

関節が原因の五十肩は痛みが出てから治るまでに3つのステージがあります。
各ステージごとに症状が異なりますが、そのステージがどのくらい続くかは個人差があります。

①急性期(炎症期)
五十肩の初期で肩を動かと痛みが強くでる状態が続きます。痛みは徐々に強くなり、特に夜間痛がでやすく、最もつらい時期です。炎症がひどく痛みが強い場合は医療機関を受診しましょう。
②慢性期(拘縮期)
夜間痛は出なくなりますが、肩が固定されてしまい、動かすとつっぱり感を感じます。また、ある程度まで動かすと痛みが出て、それ以上、肩が動かなくなります。特に腕を腰の後ろ側に回す、頭の後ろに手を回すとことができずに痛みがでます。日常生活に支障をきたすため、治療院を探して来られる方が多いです。
③回復期(氷解期)
今まで動かなかった肩が動くようになります。しかし、今まで固まっていた筋肉が短縮していると正常な範囲まで肩が挙がらなくなってしまいます。
短縮を取るために、鍼や整体施術が有効です。また、ストレッチや体操を行うと筋肉が緩んで正常範囲まで肩が挙がるようになります。

五十肩は放っておいても治るのか?

何事もなかったように治ることもあれば、痛みはなくなったけど肩が上まで挙がらなくなった、全然治らずに手術をしたという方と様々です。

大抵は放っておいても1~3年くらいで日常生活が気にならない程度には回復するようですが、個人差があるため必ずしもこのくらいで治るというのはありません。

当院の五十肩への考え

五十肩は原因により改善しやすいものと、そうでないものがあります。

その為、当院では細やかなカウンセリングと検査を行い、どのタイプの五十肩なのかを特定していきます。

筋肉が原因のものですと、肩甲骨周りや肘から下のツボを押すことで腕が挙がるケースもあり、その場合は短期間での改善は難しくありません。しかし、肩の関節が90°以下で止まってしまう場合や腕を背中側に回すことができない場合は関節が原因の可能性が高く、改善には数か月の施術期間が必要になります。関節が原因の五十肩は回復を早めることを目的に、リハビリ訓練を兼ねた施術計画を立てていきます。

また、石灰沈着性や腱板損傷によるものは鍼灸や整体では改善は見込めないため医療機関をすすめさせて頂いております。

当院で行う主な施術方法

①筋肉や靭帯を緩める

どの種類の五十肩も肩関節周りの筋肉や靭帯に負担がかかり固く短縮しているケースが見受けられます。 そのため、負担がかかっている筋肉や靭帯の固さを取る必要があります。施術としては鍼、揉み解し、かっさ、テーピングを行います。

②関節の矯正

猫背で巻き肩の人は肩の関節が正しい位置にありません。
関節がずれるとその周りの筋肉や靭帯は引っ張られてしまい常に負担がかかってしまいます。 そのため、ずれている関節を正しい位置に戻す矯正が効果的です。

③リハビリ運動

腕を180°あげるには肩の付け根から手のひらを上に向ける運動がスムーズにできなくてはいけません。

この運動は肩の関節だけではなく、胸と鎖骨をつなぐ関節や肩甲骨が正しく動く必要があります。 関節の固まりを解くため、補助をしながら限界まで動かす運動が必要になります。

五十肩の痛みに対する対処法

五十肩で一番の悩みは夜中に痛みが強くなる、寝返りをうつと痛くて目が覚めてしまうと言った夜間痛があげれらます。 夜間痛に対しての対処法は以下のような方法で緩和することができます。

①熱めのお風呂につかる

五十肩は温めると痛みが緩和する傾向にあるので、痛くて眠れない場合はお風呂で汗ばむくらい温めるのがおすすめです。 身体が温まっている間は痛みが緩和していますので、そのうちに休んでください。

逆に冷やすと痛みが強くなりますのでエアコンや扇風機の風が肩に直接あたらないようにしましょう。 また、真冬時期は室温も温かく保つようにすると良いです。

②肩や腕の下にタオルやクッションを入れて高くする

仰向けで寝る際は肩の下に隙間ができると痛みがでることが多いのでタオルやクッションを入れて痛みのでない高さに調節してください。

また、横向きに寝る際は肘の下にタオルやクッションを挟むと痛みが出にくくなります。 タオルやクッション意外にも子供用の腕に付ける浮き輪を使うのもおすすめです。

患者様の声 匿名様 56歳 主婦

突然荷物を持ったら左肩に痛み、腕が上がらなくなって整形外科に行ったら五十肩ですって言われました。

薬を飲みましたが痛みは取れず胃の具合が悪くなりました。

針を勧められましたが痛くないか不安でした。先生は話を聞いてくれて治療もとっても丁寧です。 不安だった針治療は痛みもなくて胃の具合も良くなっておどろきました。

一番つらかった着替え、家事等ができるようになって本当に助かりました。 これからもよろしくお願いします。


匿名さんは、いつも通りの日常を過ごしていましたが、カバンを持ちあげた際に突然左肩に激痛が走りました。
何が起きたか分からずに、痛い腕を動かしてみたら腕が肘より上に挙がりません。不安を感じた匿名さんは、その日のうちに整形外科へ行きましたが「五十肩」と言われて痛み止めがでただけでした。

【カウンセリングと検査】

整形外科ではレントゲンを撮りましたが骨には異常は見当たらなかった為、筋肉に問題があるのではないかと考えました。

腕を挙げてもらうと肘くらいの高さから痛みを感じて、それ以上挙げるのはつらいとのことでした。

肩を動かすには肩甲骨に付いている筋肉の動きが正常でないといけませんが、肩甲骨に触れてみると痛みを訴える筋肉がいくつもあったので、これらの筋肉が固くなりうまく動かない状態だと分かりました。

【施術(週1回のペースで全8回)】

①検査では関節に問題がなかった為、肩甲骨周りの触れると痛い筋肉を解し、さらに鍼を施したところ、1回目で肘よりも腕が挙がった為、その日の施術は終了しました。

②2~5回目までは初回の際にチェックした筋肉が固くなっていないかを確認し、揉み解しと鍼で施術。その後の肩の挙がり具合を確認し、家で簡単な体操を行ってもらいました。

③6~7回目の施術は痛みが少なくなってきたので、肩の関節を矯正し、関節を正しい位置に戻しました。

④五十肩は良くなっては少し戻りを繰り返しながら完治に向かいますが匿名様は8回目の施術では腕が真上まで挙がるようになりました。その後はメンテナンスとして月に1~2回施術を受けられています。

匿名様の他にも美容師や10年来五十肩に悩まされている方が改善されたケースもございます。 他の患者様の感想はこちらからご覧ください

著者プロフィール

院長写真あまね鍼灸院 院長 小島 周

国家資格

はり師・きゅう師

経歴

2011年 東京医療専門学校鍼灸科卒業。2012年呉竹医学会で「肩甲骨内縁の痛みに対する鍼灸治療」の症例を発表。

2013年 都内鍼灸院に勤務しつつ、平塚真田に小島はり・きゅう院を開業。2016年にあまね鍼灸院に名称を変更し現在に至る。