目の下のクマやたるみでお悩みの方へ

目元のくまが気になる女性鏡を見るたび顔色が悪く、不健康そうな目元が気になる方へ

目の下のクマを解消して不健康そうに見られる顔からさよならしませんか?

あなたはこのようなことでお悩みではありませんか?

  • 鏡を見るたびに憂鬱な気分で滅入る。
  • クマを隠すためお化粧が濃くなってしまう。
  • お化粧をしてもクマが隠れず目元が目立つ。
  • 同年代のママ友に比べると老けて見える。
  • 不健康そうに見られ自己管理ができていないと思われる。
  • 目の下のたるみのせいで眠そうでやる気のない顔に見えてしまう。

もしも、あなたがこのようなことでお悩みであれば当院の美容鍼灸施術で目の下のクマを薄くしてアンチエイジングのサポートができます。

あなたのクマはどのタイプですか?~目の下のクマの種類~

①青クマ

青クマのイラスト

目元が薄く青っぽい色に広がっている方はこの青クマタイプです。
目の下の皮膚は薄く毛細血管が多いため血液の流れが悪くなり、血液が滞ることで皮膚の下の毛細血管が透けて見えやすくなってしまった状態です。

確認方法として鏡を見ながら目元の皮膚を引っ張てみて、クマが薄くなる場合は大抵、青クマです。

②黒クマ

黒クマのイラスト

目元に黒っぽく影のようなくまがある方はこの黒クマタイプです。
目の周りや目の下の皮膚がたるむと、そのたるみの下に影ができてしまいクマができているように見えてしまう状態です。

確認方法として手鏡で正面からくまを確認した後、顔を天井に向けたままもう一度鏡を見てください。この際にクマがなくなる場合は大抵黒くまです。

③茶グマ

茶クマのイラスト

目元や目の周りが茶色く染みのよな感じに広がっている方はこの茶グマタイプです。
茶ぐまは色素沈着、いわゆるシミが原因です。紫外線による皮膚へのダメージや洗顔の際にゴシゴシと強く目元を洗ったりするとで色素沈着が起こりやすくなります。また、にきび、傷、やけど(日焼け)などが回復する際にも色素沈着が起こりますのであまり刺激を与えないように注意しましょう。

確認方法としては目元の皮膚を引っ張ってみてもクマが消えない、または手鏡で正面からクマを確認した後、顔を天井に向けたままもう一度確認してもクマがなくならない場合は大抵茶グマです。

気になる目元のクマの原因とは・・・?

①血の滞り
肩の凝りや目の使い過ぎると首や肩、目を動かす筋肉が緊張してしまい血液の流れが悪くなり顔に血液が滞りやすくなります。その結果、最も皮膚の薄い目元の毛細血管が青っぽく目立つようになります。
②目元のたるみ(目袋)
加齢による皮膚の水分、コラーゲンなどの減少や目の周りの筋肉が衰えることで目の下の脂肪が膨らんできてしまい、その膨らみの下に影ができます。
③色素沈着(シミ)
紫外線によるダメージや洗顔などの刺激により目の下に色素沈着(シミ)ができてしまい、それがくまのように見えます。
④胃腸など内臓の疲れ
胃腸を始め内臓の状態はお顔に現れます。
特に胃腸が疲れると肌の張りを作るために必要な栄養素のビタミンやたんぱく質の吸収が悪くなります。そのため、これらの内臓の疲れを取り除き、正しく機能するようにしてあげるのがお肌の調子を整えるための一番の近道です。

また、食べ過ぎたり飲みすぎたりすると肝臓や胃腸を一生懸命働かせようとこれらの内臓に血液を集めます。その結果、顔をはじめ手足の末端に血液があまり送られなくなり顔色が悪くなるなどの原因にもなります。

4つの原因のうち先の②は加齢による影響が大きいですが、その他は年齢に関係なく起こるもので若くても、血の滞りや胃腸の疲れにより目元のクマはできやすくなります。
まだ若いからと油断しているといつの間にか同世代の女性よりも不健康そうな目元になってしまいますよ。

4つの原因を取り除くことで目の下のクマを気にならなくするあまね鍼灸院の美容鍼

①血液の流れを改善

鏡を見る女性お顔に鍼をすると鍼をしたところに血液が集まりやすくなり血色が良くなります。

また首や肩をはじめ、からだ全体の筋肉の疲れや緊張を解いてあげることで血液の滞りを解消し血液の巡りを良くしお顔に血液のいきやすい状態にします。

筋肉の緊張はお仕事や日常の癖により変化するため、ご来院時のおからだの状態に合わせて最も適したツボを使用して施術を行います。

②目元のたるみを改善

リフトアップマッサージ目元のたるむで最も多い原因は加齢や目の疲れによりまぶたを持ち上げる筋肉の腱が伸びたままになってしまうことです。

まぶたを持ち上げる筋肉の腱が伸びた状態が続くと目の周りの脂肪が突出しやすくなり、それがたるみとなります。そのため目元のたるみを改善させるにはまぶたを持ち上げる筋肉の腱の動きを正常に戻す必要があります。

③ターンオーバーを促す

美容鍼を受ける女性新陳代謝により新しい皮膚に生まれ変わる過程をターンオーバーと言います。

ターンオーバーは20代では20日前後で行われますが、加齢とともに30日~50日と時間がかかるようになっていきます。鍼で皮膚を刺激すると血液の巡りが良くなるため肌のターンオーバーを促進することができます。

ターンオーバーがを促進することで茶グマの原因である色素沈着がはがれやすくな新しく綺麗な皮膚が生まれやすくします。

④内臓の働きを正常にして肌の不調の根本を改善

お腹に鍼をされる女性胃腸を始め内臓の状態はお顔に現れます。
特に胃腸が疲れると肌の張りを作るために必要な栄養素のビタミンやたんぱく質の吸収が悪くなります。また腎臓が疲れると水分の代謝が悪くなり顔がむくみやすくなります。そのため、内臓の疲れを取り除き、内臓機能が正しく動くようにお肌の調子を改善させる一番の近道です。

特に東洋医学の世界では顔は内臓の状態を映し出す鏡とも言われていて内臓の働きが悪くなると、それに応じて顔色が悪くなったり、クマができやすくなったりと顔に嫌な変化が現れる原因とされています。

当院の美容鍼を受けて頂いた患者さんの声

だまされたと思って是非、一度試してみて欲しいと思います。

患者様の声4

横浜市 Y.Kさん 女性 30代

症状:目の下のたるみ・くま

◆どのような症状やお悩みで来院されましたか?
目の下のたるみとクマが気になり来院しました。
◆当院で施術を受けてどのような変化がありましたか?
美白効果があり目の下のクマが目立たなくなりました。
左右の歪みも改善されたように感じます。
◆当院で施術を受けてみてどうでしたか?
初診の時に顔にはりをすると言われ少し不安でしたが、とても丁寧に説明してもらえたので安心して治療を受けられました。
◆同じような症状でお悩みの方へメッセージをお願いします。
エステで効果が出ずに悩んでいましたら、だまされたと思って是非、一度試してみて欲しいと思います。

院長より一言

目の下のたるみとクマが気になると言ってご来院した患者さまです。

こちらの患者さまは夜型の生活のため血液が滞りやすい状態になっていました。普段からPCをよくやるそうで首や肩の凝り、目の疲れが出ていたため、まずは凝りや目の疲れを取り除く施術を行い、それから目の下のクマにアプローチをさせて頂きました。

かなりの色白なため、目の下の青いクマが目立って困っていましたが、1回目の施術後からほとんど目立たなくなり満足されていました。

色白な方は内出血してしまうと目立ってしまうので、浅めに鍼をして血液の循環を良くするということを重点に置いて施術をしましたが、うまく変化がでてくれて良かったです。

エステではクマに対してはなかなか効果が出ずに悩んでいたようで「ダメもとで試してみるか」くらいな感じで来院されたそうですが、今ではすっかり美容鍼の虜になって2週に1回のペースで通われています。


美容鍼の施術ペース

鍼灸施術は症状が激しく急性の物は比較的早く改善する傾向にあり、症状は激しくないものの嫌な感じが長く続くような慢性のものは改善に時間を要します。

目の下のクマの改善は、患者さまのおからだの状態や年齢により異なりますが、

最初は週に1回のペースで4~5回

施術を受けて頂くとことで施術効果が高まります。その後6~10回程度施術を続けることで持続効果を維持できます。しっかりと維持できるようになったらお顔やおからだの状態により施術ペースを変えて行きます。

比較的健康で若い方であれば3週に1回のペース

肩こりや便秘、生理痛がひどい場合や40代以降の方は2週に1回のペース

で施術を受けて頂くことで良い状態を持続できます。

施術を受けてから1ヶ月以上経ってしまいお顔の状態が初診時のような状態に戻ってしまった場合は再度、週に1回のペースで施術を受けて頂くことを推奨しております。

また施術期間中は症状の改善や様子に合わせて施術ペースを変えていき、患者さまに適した通院ペースをご提示しておりますが予約の強制はしておりませんのでご安心ください。

治療院だからこそできる、からだから顔まで健康で美しくなれる美容鍼

治療を得意とする鍼灸院の美容鍼なんて「本当に効果があるの?」と思っていませんか?
確かに美容鍼というとエステサロンのように綺麗な女性の方が施術をしてくれるイメージがあるのも事実です。

しかし、あまね鍼灸院は治療を得意とする鍼灸院だからこそ、一般の美容鍼とは異なりお顔の状態だけでなく、からだのバランスを整えることでからだの中から健康な美しさを引き出すことができるのです。

あなたはぐっすりと熟睡ができたお休みの日の顔と、仕事が忙しくて疲れがたまっている時の顔が全然違うという経験があると思いますが、それはただ単に年齢を重ねたからでしょうか?

いいえ、それだけとは限りません。

なぜなら、顔はあなたのからだの状態を現す鏡だからです。

便秘が数日続くと顔にニキビのような吹き出物が出てきたり肌が荒れたり、化粧のりが悪くなったという経験をしたことはありませんか?

このようにからだの不調は顔にしっかりと反映されます。

私は今まで数多くの女性患者さまを診てきましたが、

生理前や生理になると顔がむくむ
風邪を引いていると肌が乾燥してシワが目立つ
胃腸が疲れていると肌の張りや艶がなくなる
目の疲れや肩のこりがひどいと睡眠をとっていても目の下にくまができる

など、からだの不調に応じて顔の状態に差がでることを経験してきました。

そして、それらを解決するためにはからだの不調を取り除いた方が早く解決できるという結論にたどり着いたのです。

一般の美容鍼は顔を綺麗にすることに特化して顔に鍼をするだけの所が多いですが、それは治療でいうと症状が出ている部分に鍼をするその場しのぎ的な施術に過ぎません。

からだの不調を無視して、いくら顔だけに施術をしても、それは根本的な改善とは言えないのではないでしょうか。お顔の状態だけでなく、あなた自身のからだの調子を整えてこそ本当の健康美といえます。

もしも、あなたがお顔の悩みだけを解決したいのではなく、日ごろから健康でいつまでも若くいたいと思っているのであれば、当院の美容鍼を受けてみてください。

今よりも健康で綺麗になれたら、あなたは何がしたいですか?

是非、私にあなたが想う未来を叶えられるようにサポートさせてください。

院長 小島 周

0463-26-7332
ご予約・お問い合わせはこちら
PAGE TOP